『初耳学』“スマホ難民”がトレンド入り! Androidユーザー怒り爆発の理由

林修

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

5月16日、『日曜日の初耳学』(TBS系)で、スマートフォンの機能を使いこなせていない「スマホ難民」を救済する企画が放送された。しかし、「スマホ」と銘打ちながらiPhoneの機能ばかりが紹介され、Androidユーザーから不満が続出している。

今回、番組には「iPhone芸人」として書籍やYouTubeが大人気のかじがや卓哉、スマホ関連の書籍を20冊以上出版するITジャーナリスト・鈴木朋子氏が出演。日々進化するスマートフォンの最新機能や、便利な活用術を解説していった。

まずは、バッテリーを長持ちさせる充電法や、動画撮影中に写真を撮る方法など、基礎的な機能が紹介される。その後、GoogleレンズやYahoo!マップなどのアプリ機能が紹介され、出演者はその便利な機能に驚きをあらわにしていった。

しかし、その他に紹介されたのは、「本体の背面を2回タップするとスクリーンショットが撮れる」「文章を消してしまった場合は本体を振ると戻せる」「パノラマモードで横長や縦長の写真が撮れる」など、iPhone限定の機能ばかり。挙句の果てには、カバンや財布につけていれば、失くしても位置情報で探すことができるApple製品『AirTag』の紹介や検証が行われていったのだった。

「Androidはスマホじゃない」と言わんばかりの構成

このどう見てもiPhone偏重な構成は、Androidユーザーを〝蚊帳の外〟にしてしまい、失望を招くことに。企画名の「スマホ難民」はツイッターのトレンド入りし、

《スマホ=iPhoneなのかよ ネットの投稿動画ならまだしも地上波でひどすぎる番組だわ》
《iPhone基準で言ってるけどAndroidというスマホも存在するのですが?》
《スマホの話題の中心がほぼiPhone限定ってのはいかがなものでしょう。Android使用者も相当数いるでしょうに》
《スマホですが、ふってもかわりません。もしかして、Androidな私はお呼びじゃないですか?》
《最初からiPhone難民と言ってれば、ここまでAndroidユーザーの怒りを買うことはなかったよね》
《スマホの最新情報とか知らないと遅れてるとか言いながら、iPhone限定な情報取り上げるのどうにかならんかなぁ…》
《何でAirTag知らないとスマホ難民なんだよ? 何様なのって思ったよ。それにスマホじゃなくてiPhone専用のアイテムじゃないか》

など、Androidユーザーからの批判が殺到する事態と化してしまった。

次回はAndroidユーザーも楽しめる番組にしてほしい。

【あわせて読みたい】