『ネメシス』橋本環奈が“黒幕”!?「めっちゃ怪しい」と視聴者の予想白熱

ネメシス 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

櫻井翔と広瀬すずが主演を務めるドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)。5月16日には、第6話『真実とフェイクのあいだに』が放送された。同話では橋本環奈が演じる頭脳明晰な大学生・四葉朋美に不信感を抱く視聴者も多く、ネット上で〝黒幕説〟が浮上している。

このドラマは、探偵事務所『ネメシス』に所属するポンコツ探偵・風真尚希(櫻井)と天才すぎる助手・美神アンナ(広瀬)が事件を解決していくコメディミステリー。6話ではフェイクニュースを拡散された暴露系動画配信者〝タジミン〟こと多治見一善(柿澤勇人)から、若手人気女優・久遠光莉(優希美青)の行方を探す依頼を受ける。紆余曲折を経て、結局は犯人が多治見だと判明し、一件落着となる。

そして事件解決後に四葉とアンナがビルの屋上でヨガを行っていると、四葉から「アンナちゃん、そのネックレス。変わった形してるよね?」といった質問が飛び出す。このネックレスはアンナの失踪中の父から譲り受けたもので、さらに四葉はアンナの母に関する質問も繰り出す。また最後に四葉は自身の母が亡くなっていることも打ち明けたのだった。

20年前の事件の黒幕は橋本環奈…?

「同作ではメインの依頼をこなすだけでなく、同時に20年前に起こった事件についても謎を展開しています。その事件にはアンナの父・始(仲村トオル)も関係しているようで、彼女のネックレスには〝データ〟が入っているという事実もあり、事件とネックレスに関連性があると視聴者は推測していました」(芸能ライター)

そんなネックレスについて唐突に聞き出す四葉に、視聴者は違和感を覚えたようだ。しかも四葉は第3話で偶然知り合ったアンナと仲を深めるという役柄で、それも相まってネット上には、

《橋本環奈、多分黒幕側やろ》
《前からなんだけど朋美ちゃん黒幕説も考えてしまう、嫌だけど(笑)》
《黒幕やっぱり四葉朋美なんじゃないか? 朋美の登場の仕方があまりにも不自然だったし》
《あのネックレスのこと、朋美ちゃんに話しちゃって黒幕に情報流されたりしない? アンナが狙われる要因になっちゃわない?》
《橋本環奈めちゃくちゃ怪しいのであいつは黒幕の手助けするために潜ってきてそう。そうなるとやっぱ外部の人間か?》
《やっぱネメシス黒幕は朋美が怪しい。探偵歴30年の栗田さんが19年前の事件から気にしてる菅容子を探し出せてない=菅容子=朋美かなと》
《朋美は絶対黒幕な気がする…。直接的な犯人じゃなくても、誰かに協力してネメシスに入り浸って色々探ってる気がする。アンナのネックレス異様に気にするし、賢いから怖い》

などと疑いの眼差しを向ける人々で溢れている。

次週放送の第7話『嘘と裏切り』では20年前の事件にグッと近づく模様。はたして四葉の正体は、本当に黒幕なのだろうか…。

【あわせて読みたい】