声優・森川智之の“肩書”に古の腐女子ブチギレ!「若者が言ってると居心地悪い」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

近ごろ声優の森川智之が〝声優界の帝王〟として広く世間に知られるようになってきた。しかし、この肩書に古参ファンは不満があるという…。5月17日に『めざまし8』(フジテレビ系)で、森川が代表を務める声優事務所『アクセルワン』の付属養成所『アクセルゼロ』が特集され、ファンの間で肩書問題についての議論が再燃することに。

昨今のアニメブームがキッカケで声優を志す若者が増えており、声優養成所の「アクセルゼロ」が大きな注目を集めている。「アクセルゼロ」は、さまざまなメディアで取り上げられており、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)では、複数回にわたって「声優界の帝王が代表を務める養成所」として紹介されていた。

「深イイ話」が放送された際も議論が白熱していたが、今回の「めざまし8」でもネット上には、

《若そうな方が「声優界の帝王、森川さん」言うてるのを見るとホント居心地悪いんだよね》
《森川さんがTVに出てて「声優界の帝王が~」って言う人がけっこういるけど、正直微妙な気持ちになる。古の腐女子なので「いや、帝王というのは…」と訂正したくなっちゃう》
《森川さんの紹介は高確率で帝王が入るけど、テレビ局が思ってる意味の帝王じゃないんだよな》
《森川さんは「声優界」の帝王ではない。最近のテレビのせいで勘違いしてる人が多い》
《職場の人がテレビに森川さん出てたよ!って教えてくれるんだけどさ、なんで帝王って呼ばれてるの?って聞かれて、「あっえっ…えっと…あの…まぁその…ね? 色々あるんですよ、きっと」って言っておいたけど、まじ勘弁だぜ》

などの声が多く見受けられた。

古の森川智之ファンが抱く「帝王」の真意とは…?

「今年に入ってメディアでよく姿を見かけるようになった森川。番組では彼を〝声優界〟の帝王と紹介することがありますが、これに昔からのファンは違和感を抱いている様子。というのも、森川はBL(ボーイズラブ)CDに多く出演しており、もともとファンの間で『夜の帝王』『BL界の帝王』などの呼び名で親しまれていました。今や森川は『鬼滅の刃』の産屋敷耀哉や『ファイナルファンタジーVII』のセフィロスなど大人気コンテンツで声優を務めているため、声優界の帝王でも違和感はないように思うのですが…」(芸能ライター)

たしかに以前は「夜の帝王」「BL界の帝王」の方が正しかったのかもしれないが、テレビ露出が増えたことによって森川の知名度は格段に上がったのは間違いない。

ファンは小さなことに目くじらを立てず、森川が〝声優界の帝王〟と呼ばれていることを素直に喜ぶべきなのではないだろうか…。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】