『イチケイのカラス』打ち切り? あまりの急展開に視聴者困惑「ついていけない」

竹野内豊 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

5月17日、竹野内豊の主演ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)第7話が放送された。視聴者からは「まるで打ち切りのような急展開」とのツッコミが殺到している。

『イチケイのカラス』の主人公は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官・入間みちお(竹野内)。自由奔放で型破りなみちおが、絶対に冤罪を生むことの無いように自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくストーリーだ。冗談が全く通じない堅物な裁判官・坂間千鶴(黒木華)との対照的なやり取りが描かれている。

第7話では、みちおと過去に因縁がある最高裁判所判事・日高(草刈民代)と対決。弁護士時代のみちおが最後に担当した12年前の殺人事件を再審請求し、なんと日高を尋問しようと呼び寄せた。これまで、シリーズの〝ラスボス〟的に描かれてきた日高との直接対決だったが、みちおの懸命な訴えもむなしく、日高はさらりとかわし続ける。そのまま裁判が終わり、みちおの敗北かと思われた…。

しかしその後、日高はこの殺人事件の裏で暗躍していた次長検事・中森(矢島健一)から事件の真相を聞き出し、その音声を公開した。こうして12年前の殺人事件の真相が明らかとなり、みちおと日高の因縁にも終止符が打たれたのだった。

原作漫画の『イチケイのカラス』も打ち切りだった?

まるで最終回のようなエピソードだったが、視聴者は日高があっさりと正義に寝返ったことに違和感を抱いたようだ。ネット上では

《めちゃめちゃな展開すぎ 萎えるわ》
《ついていけないこの展開》
《急すぎひん? 打ち切り?》
《なんか一気に安っぽくなったな》
《急展開すぎるだろ》
《打ち切りみたいな雑さだな》
《これ脚本家が途中で無理だと思って諦めただろ》

などツッコミが殺到している。

『イチケイのカラス』は同名漫画を実写化した作品なのだが、そもそも原作漫画は打ち切りで終わったとも言われている。そのため、ドラマも打ち切りのような急展開となってしまったのだろうか。

【あわせて読みたい】