また女子高生CM! 日本男性の“ロリコン”ぶりに呆れ声「きもっ」

(C)Voyagerix / Shutterstock 

「ラーメンを食べる」「キャンプをする」「アニメを作る」など、実写やアニメ・漫画を問わず、「女子高生が何かする」というジャンルが一大コンテンツと化している日本のエンタメ産業。その実情から「世界最大のロリコン国家」との呼び声も高いこの国で、またも女子高生を起用したキャンペーンが展開された。

話題の主は、全国に展開するうどんチェーン・丸亀製麺。同社は5月14日から一般の女子高生を起用したCMを放送しているのだが、ここに〝女子高生好き〟な日本人の嗜好が見え隠れするのだ。

「CM内容は、女子高生がうどんを勢いよくかっ食らうというもの。その食べっぷりで視聴者の食欲を刺激し、来店を促しているようです。しかしこのCM、別に成人男性が食べていても良さそうな内容であり、CM上、女子高生である必要性・必然性が感じられません。わざわざ『丸亀、イキますっ!』と宣言させてから食べさせたり、看板メニューである釜揚げうどんではなく『ぶっかけうどん』であったり、美味しさに絶頂した表情を浮かべる演技プランも意味深です」(女性活動家)

考えすぎかもしれないが、〝素人〟で〝女子高生〟という起用も、趣味性が関係しているのかもしれない。

安易に女子高生に走ることをやめない“偉い大人”たち

「何でもかんでも女子高生にやらせようという辺り、相変わらず日本がロリコン国家であることを示していますね。某大人数アイドルをはじめ、JKビジネスが一大産業と化している構造に、人々はそろそろ疑いを持った方がいいでしょう。かつて『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)に出演した評論家の東浩紀氏は、日本で流通している二次元の本をアメリカの知人に見せた際、『これウチじゃ持ち込めないね』と児童ポルノ認定されることを明かしていました。海外じゃ流通できないようなものが、平然と売られているのが我が国なのです」(社会派雑誌ライター)

ネット上にも

《美味しそうなの伝わらない》
《檀れいのCMよかったのに》
《普通のサラリーマン風のおじさんで良い そっちの方が食欲沸く》
《江戸時代の食堂? テイストのも好きだったけどな》
《日本人って女子高生大好きだよね。きもっ》

などと不評がチラホラ…やはり、性癖をオブラートに包んだようなマニアックさが忌避されているらしい。

「石原慎太郎都政の末期ごろ、東京都はそれまで合法的に経営されていたソープを摘発したりと、性に関する規制を強め始めました。これは、オリンピックで来日した外国人から、日本が『変態国家』だと思われるのを避ける狙いがあったのですが、海外からの観客を見送った今、皮肉にも全く意味のないものになってしまいましたね」(フリージャーナリスト)

なお、同CMには前田敦子が主演を務めるWEBドラマも存在している。はじめからこちらをCMにすれば良かった気もするが…。

【画像】

Voyagerix / Shutterstock

【あわせて読みたい】