『Mステ』はもういらない? パフォーマンス重視の『CDTV』に称賛集まる

タモリ 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

現在放送されている数少ない生放送の音楽番組である『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)と『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)。放送される度に比較の声があがっていたが、どうやらここ最近は「CDTV ライブ!ライブ!」を支持する視聴者が増えているようだ。

「CDTV ライブ!ライブ!」のコンセプトは、アーティスト自身が作り上げるステージをまるごと生中継する…というもの。このコンセプト通り、コロナ禍でも感染防止対策を徹底し、スタジオでアーティストが生パフォーマンスを行っている。また、楽曲をTVサイズではなくフルサイズで放送するといった点も視聴者から好評だ。

その一方で「Mステ」は、新型コロナウイルスの流行をきっかけにバラエティー番組のような企画が激増。メインであるアーティストのパフォーマンスは減少し、番組の独自調査によるランキングに沿って楽曲を紹介するコーナーが、放送時間の大半を占めるようになった。他にも、一般人から募集した〝踊ってみた〟動画を番組内で取り上げる素人参加型の企画なども連発しており、ランキングと合わせて視聴者から批判が寄せられている。

もはや「Mステ」はいらない?「CDTV」に絶賛の声

5月17日に「CDTV ライブ!ライブ!」が放送されると、ネット上では

《カメラワーク最高でした。ありがとうございました!》
《MステはTikTok紹介番組。フルサイズ披露のCDTVライブライブの方が価値あるよな》
《CDTVフルサイズで歌わせてもらえる番組ありがたい! MステもVTRばっかじゃなく、歌の時間長くしたらどうです?》
《CDTVライブライブ、出演者と無関係な余計な映像VTRなくて見やすい!(Mステの悪口)》
《CDTV、Mステのようなつまらない企画がなくキチンと曲が聴けるのが素晴らしいな》
《MステからCDTVライブライブに寝返ります》
《最近はMステよりCDTVの方が楽しみ。フルサイズしか勝たん》
《MステよりCDTVの方がどのアーティストも演出良い気がする…》
《Mステの時代は終わりCDTVの時代です》

などと絶賛の声が続出。その一方で「Mステ」には否定的な意見が多く寄せられていた。

どうにか視聴者の気を引こうと新コーナーを連発している「Mステ」。目新しいことをしようとしないで、一度立ち止まって初心に返るべきなのかもしれない。

【あわせて読みたい】