32歳・大島優子の“近影”にツッコミ「イキった下町のおばさん」

大島優子

(C)まいじつ

元『AKB48』の大島優子が5月16日、自身のツイッターを更新。ネット上で、彼女の〝オバサン化〟が加速したという疑惑が浮上している。

大島は、《この後夜10:30からはネメシス6話放送です #ネメシス》とツイート。現在出演しているドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)の宣伝写真をアップした。写真は、海をバックに大島が赤い車に乗り、サングラスを着用してカメラ目線を決めた1枚に。ドラマで大島は医者の上原黄以子役を演じ、毎回、ド派手な運転シーンが注目を集めている。

この写真に、フォロワーからは

《姉さん、カッコいいっす!》
《待ってました! カッコ良さエベレスト級です》
《黄以子さ~ん! 今宵も90マークIIがお似合いですね》
《海と車と優子ちゃんはとても美しいミックスだ》

などといった声が寄せられている。

たびたび容姿の“変化”を指摘される大島優子

しかし一方で、大島の〝近影〟に違和感を覚えた人も多いようで

《昭和のサスペンスドラマ感…》
《イキった下町のおばさん感》
《なんか老けた?》
《後れ毛がオバサンに見える年齢になってきましたね…》

などと批判的な声もあがっている。

「大島は、2年前にNHK連続テレビ小説『スカーレット』に出演。戸田恵梨香が大島との2ショットをアップした際、《健康的に見えない》《おばあちゃんみたい》などといったツッコミが相次いでいました。しかし、今年3月24日より放送されている『ミニストップ「やみつキッチン」』の新CMに、働く女性として登場した際には、《また若返った》などと称賛の声も寄せられていました。もっとも、大島はまだ32歳。写真の角度によって、年齢差がクッキリと出てしまうようです」(芸能記者)

『AKB48』を卒業し、CMやドラマでの活躍を見せる大島。芸能人がアップする写真の〝過剰な加工〟が指摘されている昨今、等身大で勝負をする大島には、これからも注目が集まりそうだ。

【あわせて読みたい】