また竹中平蔵か…ワクチン大規模接種センター“重大な欠陥”発覚で大炎上

また竹中平蔵か…ワクチン大規模接種センター“重大な欠陥”発覚で大炎上 

(C)Anton Vierietin / Shutterstock

未だ世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスだが、ここ最近ようやく日本にも〝ワクチン〟が広まり始めた。しかし、5月17日から予約を開始したワクチンの「大規模接種センター」では、あってはならない重大な〝欠陥〟が発覚。その裏には悪名高い実業家の竹中平蔵氏が関わっていると判明し、ネット上で批判が殺到している。

新型コロナワクチンの「大規模接種センター」は、菅義偉首相の提案にて5月24日に開設予定。17日午前から予約が開始されたが、この予約システムに〝誰でも何度でも〟予約できるという欠陥が判明した。

通常の予約であれば、市区町村コードや接種券番号が必要なようだが、存在しない番号でも予約が可能に。しかし番号の紐づけが行われておらず、岸信夫防衛相が18日の記者会見でシステムの改修について発言するのだった。

ミスが発覚しても税金が中抜きできればOK?

「実はこのシステムの運営会社『マーソ株式会社』経営顧問に竹中氏の名前が。竹中氏といえば、『東京オリンピック・パラリンピック』の人件費を大幅に〝中抜き〟したことで大炎上した人物です。また『パソナグループ』の取締役会長としても知られる竹中氏は、非正規を爆発的に増やした挙句に『クビにできない社員なんて雇えませんよ』との発言で大ヒンシュクを買いました。そんな悪名高き竹中氏が絡んでいることが明らかになったため、ネット上では批判の声が続出しています」(芸能ライター)

劣悪システムに竹中氏が絡んでいることを知った人々は怒りを露わに。ネット上には、

《竹中平蔵よ。またお前か…》
《ここにも竹中平蔵が一枚噛んでるという地獄》
《遅れているワクチン接種すら竹中平蔵の食い物にさせてしまう自民党政権には開いた口が塞がらない。こんな政権には国政に携わる資格を与えてはいけない》
《東京都のワクチン予約サイト、当然の如く竹中平蔵が中抜きしてるの笑う。いや笑えねえ》
《ワクチン予約システムにバリデーション機能がないと聞いて、まあ突貫工事ならその程度だろうなと思うなど これにも竹中平蔵が絡んでるところはオモロポイントだね》

などの指摘が続出している。

国の上層部や社会を動かしている人は、一般市民を救うことを考えていないと思って行動したほうがよさそうだ。

【画像】

Anton Vierietin / Shutterstock

【あわせて読みたい】