『ヒルナンデス』尾崎里紗アナの“恥ずかしコーデ”に同情「恨みでもあるの?」

南原清隆 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

5月19日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で、尾崎里紗アナウンサーが「格安コーデバトル」に挑んだ。コーデ役は元『NMB48』の吉田朱里が務めたのだが、彼女のセンスで〝合ってない〟服を着させられたと批判が殺到している。

制限時間・上限金額の枠内で、格安コーディネートを行い、そのセンスを競うこの企画。今回は「マークスタイラー プレスルーム」を舞台に、鈴江奈々アナと尾崎アナの日テレ・女子アナ対決が行われた。

バトルのテーマは「コージーファッションでダンナ様とピクニックデート」、設定金額は1万9000円。尾崎アナは現在モデル・インフルエンサーとして活躍する吉田から、コーディネート指南を受けた。

先輩・水卜麻美アナの後を継ぐような食いしん坊キャラで知られる尾崎アナ。以前は番組でダイエット企画にも挑んだことがあるが、本人はまだまだ体型に自信がなさそうな様子をにじませる。

太って見える服を選んだ吉田朱里に苦言

しかし、吉田がチョイスしたのは、タンクトップにワンピース。腕は全開、デコルテから首にかけても大きく露出され、その体型を目立たせてしまっている。また、ワンピースのためボディーラインはすべて隠され、体型自体が太って見えるコーデに。この晒し者のようなチョイスは視聴者の物議を醸し、ネット上には

《モデルの好みで選んでるから、全然コンプレックスを隠せてないじゃん》
《吉田朱里さんのコーデはかわいい!という気持ちだけで、相手のことを考えてるコーデではないなという感想》
《尾崎アナは「隠したい所がいろいろ…」と言っているのに…うん。かわいそ…》
《ピクニックデート対決なのに、もともと着ていた服よりリゾート感を出されてしまい、結果ピチピチのワンピースでムチムチにされてしまった尾崎アナ…お気の毒…》
《体型気にしてんのになんもカバー出来てない かわいそう》
《尾崎アナに何か恨みでもあるんか?っていうコーデだったな》

など、尾崎アナへの同情と吉田への苦言が相次いだ。

今ではモデルだが、アイドル出身である吉田。ステージ衣装に慣れてセンスがズレまくったのだろうか。いずれにしても、尾崎アナは巻き込み事故の被害者になってしまった。

【あわせて読みたい】