NHKで放送事故!?『うたコン』藤原さくらの名曲カバーが大炎上

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

5月18日に生放送された『うたコン』(NHK)に、かつて若者を中心に人気を博していたシンガーソングライター・藤原さくらがゲスト出演。名曲のカバーを披露したが、その出来の悪さに視聴者から批判の声が続出している。

この日の番組テーマは「時代を超えて ~大滝詠一~」。藤原をはじめ、さかいゆう、太田裕美、アイドルグループ『Juice=Juice』、『櫻坂46』といった豪華ゲストが登場し、生演奏と共に大滝詠一氏の名曲を披露していくことに。

そこで藤原は、大滝氏の代表曲としても名高い『君は天然色』のカバーと、自身の最新楽曲『Kirakira』を披露した。

「『君は天然色』は多くのCMで起用されており、懐かしい曲ではあるものの、時代を超えて若者にも人気が高い楽曲です。大滝さんの楽曲がストリーミングサービスで解禁され、話題になっていたことも知名度アップに貢献しているでしょう。藤原による『君は天然色』カバーも、番組放送と同日に配信リリースされました。そのため、今回の放送でも反響が多く、ファンからは《さくらちゃんすごく癒されました! ありがとう!》《生で聴くことができて嬉しくて幸せでした》といった歓喜が一部から聞かれたのですが…」(音楽ライター)

藤原さくらの大滝詠一カバーが炎上!

しかし、彼女の歌には不評が殺到。どうやら生演奏の迫力に彼女の歌声が負け、ほとんどかき消された状態だったことや、音程が少しズレていたことも要因の一つのようだ。そのためネット上には、

《藤原さくらの「君は天然色」NHKの放送事故でしたネ》
《キーは合ってないわ、発声の基礎ができてないから声量も無いわで…》
《藤原さくらさんとやら、君は天然色、話になりませんわ。素人レベル、いや放送事故か》
《うたコン放送事故やろwww 声聞こえなかったんやが》
《放送事故レベルだし、大師匠に対する冒とくだ》
《うたコン、さすがにこれは擁護できないなー》
《放送事故かと思った。うたコンって時々あり得ないキャスティングするよな》
《音楽を愛する者として、放送事故レベルだったと思います。演奏者たちの素晴らしい演奏がかわいそうでなりませんでした…》

などと批判が続出して止まらない状態に。

たしかに『君は天然色』は、音程とリズムがとりにくく、歌いにくい楽曲ではある。普段の藤原の歌唱力が未熟だとは思わないが、生半可な気持ちで手を出さないほうがよかったのかもしれない…。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】