広末涼子の“子育てエピソード”に賛否! 清純派イメージはとっくに壊滅?

広末涼子

(C)まいじつ

俳優の広末涼子が、5月20日放送の長寿トーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。3児の子育てに奮闘する様子や〝息子ロス〟だったことなどを明かしたが、さまざまな声があがっている。

広末は現在、思春期を迎えた息子と日々奮闘しているといい、内弁慶のため海外留学を勧めたという。しかし、いざ旅立つ日になったら急にさみしくなってしまい、息子を乗せたクルマのドアが閉まった瞬間から〝息子ロス〟になってしまったことを明かした。

すっかりお母さんになった広末に、視聴者からは

《あの広末がすっかり親バカになってる。俺も年を取るはずだ》
《母親って息子の成長が自分の人生になっちゃうんだよね。気持ち分かります》
《目に入れても痛くないほどかわいい息子さんなんだろうな。広末もすっかりいいママになってますね》

などといった声が寄せられた。

“奇行”のイメージが定着してしまった広末涼子

しかし一方で、あまりの親バカぶりや、すっかりいい母親になった姿を見せる広末に、違和感を抱く視聴者も多かったようで、ネット上では

《今時、ラインですぐ連絡取れるのに海外留学くらいで泣くか? 永遠の別れじゃあるまいし》
《この人は本当にうまいこと過去の〝奇行〟を消したよね。ある意味すごいと思う。感心したわ》
《この人ほど、数々のおかしな言動、まさかの不倫をなかったことにした女優はいないと思う。いまさらいい母親ぶりを見せられても…》
《広末って昔、伊勢谷友介と交際していて、幾度となく奇行してたよね。正直、しょーもない人としか思えないんだけど》
《この人の場合、こういう場面でも全部演技しているように思えてしまうんですよね。取り繕ってなんぼの職業ですから仕方ないのですが…》

などと、厳しい声も聞こえてくる。

「広末は過去に〝朝帰り&タクシー無賃乗車の大奇行〟や〝プッツン女優〟などといわれ、世間を大いに賑わせました。また、2014年には俳優の佐藤健との不倫疑惑が伝えられ、〝清純派〟のイメージも崩壊しましたね。そもそも留学した息子の父親である最初の結婚相手のモデルも、いいウワサはききません。今ではすっかり過去を封印することに成功しましたが、現在の広末の姿を見て、モヤモヤするというファンが多いのもある意味納得です」(週刊誌記者)

広末は昨年9月に放送されたバラエティー番組『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)に出演した際、かつて報道された無賃乗車の件について「結構遠くて朝早くて、海が見える山の方のロケだったんですけれど、マネージャーがたぶん寝坊しちゃってて、連絡がつかなかったんですよ。現場に行かなきゃと思って、タクシーを呼んで(現場に)行ったんですけれど、誰もいない。これは撮影中止の連絡をしそびれて寝たんだな、と思って」と、あくまでも現場に行くためだけだったと言い訳。懐かしそうに当時を振り返ったが、果たしてどれだけの視聴者が納得しただろうか。

7月には41歳を迎える広末。いまだ若々しい姿をキープしているのはさすが芸能人といえるが、どうやら、その透明度は決して100%とはいえなさそうだ。

【あわせて読みたい】