アンジャ児嶋とバナナマンの“絆”に絶賛! 大ブレークのキッカケに驚きの声

アンジャ児嶋とバナナマンの“絆”に絶賛! 大ブレークのキッカケに驚きの声 

(C)まいじつ

5月18日放送の『バナナサンド』(TBS系)にお笑いコンビ『アンジャッシュ』児嶋一哉が出演。大ブレークの裏に『バナナマン』の力があることを明かした。

番組ではまず、「バナナマン」日村勇紀と児嶋のどちらが〝ポンコツ〟なのかという企画を進行していく。そして十分に児嶋のポンコツさが強調されたところで、設楽統が「はじめに知り合ったときにコジ(児嶋)ってこんな感じじゃなかった、笑いにストイックで…」とコメント。

そして今でこそいじられキャラとして定着した児嶋だが、昔は〝いじられ拒否時代〟があったと明かす。そんな児嶋の転機となったのは、2008年にバナナマンのラジオ番組『バナナマンのバナナムーン』(TBSラジオ)にゲスト出演した際のことだった。

設楽は長年の付き合いのある児嶋に対して「コントの人って2度売れなきゃいけないと思う。今のテレビって、本質の人間のおもしろさみたいなところがあるじゃん?」と真剣に持論を説く。そして「アンジャッシュ」のコントイメージから、どこかクールキャラになっている児嶋と対照的に、「バナナマン」のスタイリッシュなコントイメージから脱却して「俺はウンコです」と言えるようになった日村を絶賛。「ほんとに今、コジ、ここで気づけば変わると思うよ」と児嶋に問いかけた。

設楽統は相方・日村勇紀も調教済み

その後、さらなる転機となったのは2011年に出演したバラエティー番組『リンカーン』(TBS系)の運動会企画。まだいじられキャラとして定着しきっていなかった児嶋を設楽が全力でいじったことで、児嶋は『ダウンタウン』にも、そのキャラでいじってもらえるようになったという。

この話に視聴者からは、

《こういうとあれだけど、設楽の愛情を感じましたなー》
《全然ファンとかじゃないけど、テレビ見てなんか感動した。設楽さん、良い人だなと思った》
《児島さんの人間性を信頼していたからこそ、設楽さんも向き合ってくれたんじゃないかなぁ》
《設楽さん、NSCのような養成所を開設してはどうだろう? ただ日村さんや児嶋さんみたいな化け物レベルでないと瞬殺されそうだけど》

といった感動の声があがっている。

「設楽が児嶋に公開説教を行った当時のラジオ放送ですが、なんと収録が終わった後も2時間ほど話し続け、その様子がポッドキャストサービスにて配信されていました。設楽は同様の〝調教〟を相方の日村にも施しており、プライドを捨てきれなかった日村が覚醒してバラエティースターになったのも、設楽の功績があるようです」(芸能記者)

渡部建も、設楽に調教してもらうといいかもしれない。

【あわせて読みたい】