『恋はDeepに』綾野剛“キャラ変”に視聴者ズッコケ!「どういう人なの…」

『恋はDeepに』綾野剛が別人に!? 急なキャラ変に呆れ声「脚本ブレてる」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

石原さとみと綾野剛のW主演ドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)の第6話が、5月19日に放送された。ネット上では綾野の〝キャラ変〟にツッコミが殺到している。

同作は、海洋学者・渚海音(石原)とツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)のラブコメディー。海岸に巨大マリンリゾートを建設しようとする倫太郎だが、海音は魚たちの暮らしを守るため、リゾート開発チームに専門家として参加することになる。

第6話では、倫太郎が海音を蓮田家の自宅に招待する。入るなり、加湿器が欲しいとお願いする海音に、倫太郎は動揺しながらも「確かに乾燥してるもんね、ごめん」と言いながら、すぐに用意する。さらに水に塩をドバドバ入れて一気飲みする海音を見ると、倫太郎もなぜか海音に合わせて塩水を一気飲み。「うん、イケる」と無理をしながら笑顔を見せた。

さらに夕飯時、倫太郎の弟・榮太郎が海音に好物を訪ねると、海音は「ワカメです」と回答。榮太郎が不思議そうにすると、倫太郎は「俺だってワカメ好きだよ」とまたも海音に合わせて嘘をつく。その後、海音と一緒にワカメサラダを頬張っていた。

見る度に異なる綾野剛のキャラ

これまでぶっきらぼうだった倫太郎が、海音に優しく接し続けたことに視聴者は違和感を持った様子。あまりにも突然なキャラ変に

《綾野剛の役こんなキャラだっけ?》
《キャラ的にも立場的にも、何でこんなにさとみに媚びだしてるのかがわかんない》
《倫太郎急にキャラ変わってるし》
《私達がみてないうちに倫太郎は階段から落ちたりしてて、キャラ変わっちゃったのかな?》
《毎回脚本家違うのかな?ってぐらい綾野剛のキャラが見る度違う》
《綾野剛の演じてる役、キャラぶれてません? どういう人なのかわかんなくなってきてるのだが…》
《誰かと入れ替わったの? ってくらいに不自然》

とツッコミが殺到している。

海音に恋をしてキャラが変わったという設定だろうが、その過程がまったくないため、別人のように感じる視聴者が多いようだ。現場ではこの脚本に、誰も疑問を抱かなかったのだろうか。

【あわせて読みたい】