『モニタリング』ジャニーズ熱唱中の“落とし穴”に批判「舌噛みそう」

(C)shipfactory / Shutterstock 

5月20日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で繰り広げられた〝落とし穴ドッキリ〟に「危ない」などと批判する声が相次いでいる。

番組では、YouTubeの人気チャンネル『THE FIRST TAKE』をオマージュ。『A.B.C-Z』の河合郁人、『Kis-My-Ft2』の千賀健永、フワちゃんらをマイクの前に立たせ、名曲のカバーを歌わせる間に、落とし穴に次々と落としていくことに。

このうち、ピン芸人のこがけんは星野源の『SUN』のサビ前に落とされると「もう感情、パニックですよ。歌ってるんだから」とガックリしていた。

『A.B.C-Z』河合郁人が歌唱中に落とし穴に…

河合は『SMAP』の『夜空のムコウ』を気持ち良さげに歌っていたが、落とされる瞬間「うわ!」と絶叫。落ちた後に「うそだろ、こえ~、TBS!」と叫び、「俺、めちゃめちゃ気持ち良く歌ってた…」と思わぬドッキリに天を仰いだ。

このところ、同番組で毎週のように繰り返される〝落とし穴ドッキリ〟。この日も楽しむ視聴者は多かったが、歌って口を動かす途中に落とし穴に落とすと、本人が驚きのあまり舌を噛んでしまうのではとハラハラする人もいたようだ。

《気持ちよく歌ってる時に落とされるのはいただけないな~舌噛みそうで怖かった》
《めっちゃ危ない…歌う時は足踏ん張るし》
《歌ってる最中に落下って一歩間違うと舌噛み切りそうでちょっと怖いな~》
《一生懸命何かをやってる人に対しておとし穴に落とす企画。失礼すぎて笑えない》
《歌ってる最中に落とし穴って、舌噛んだりしないのかな》
《あの落ち方舌噛みそう大丈夫だった?》
《歌ってる時にいきなり落とされたら舌噛んだりしそうで危険すぎへんか…》

そろそろ違うドッキリ企画を考えなければ、視聴者に飽きられそうだ。

【画像】

shipfactory / Shutterstock

【あわせて読みたい】