『ベルセルク』作者・三浦建太郎さん逝去…早すぎる突然の死に「過労」の噂

『ベルセルク』作者・三浦建太郎さん逝去…早すぎる突然の死に「過労」の噂 

(C)ShotPrime Studio / Shutterstock

ダークファンタジー漫画『ベルセルク』などで知られる漫画家・三浦建太郎さんが、5月6日に亡くなったことがわかった。多くのファンから悲しみの声が相次ぐ中、《過労だったのではないか》との指摘もされている。

5月20日に『白泉社』の公式サイトは、《漫画家の三浦建太郎先生が、2021年5月6日14時48分、急性大動脈解離のため、ご逝去されました。享年54歳でした。三浦先生の画業に最大の敬意と感謝を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします》と発表。『ベルセルク』を連載していた『ヤングアニマル』の編集部も、《この受けいれがたい事実をどのように捉えたらいいのか。正直、言葉が見つかりません》といったコメントを寄せていた。

1989年に『月刊アニマルハウス』で連載をスタートし、長年愛されてきた『ベルセルク』だが、物語はまだまだ未完。三浦さんの早すぎる訃報に、SNSなどでは、

《ショック過ぎて何も手につかない》
《三浦先生…マジか… 。ベルセルク大好きでした。 誰にも真似出来ない名作だったと思います。 ご冥福をお祈りしております》
《ダークファンタジー漫画の一時代を築いた作品なので、未完になってしまうのがあまりにも辛い》
《高校生の頃から読んできた漫画だけど、まさかこんな形で終わってしまうとは》
《『ベルセルク』は間違いなく日本のファンタジーに影響を与えた作品。もっと続きが読みたかった》
《終わらないのは辛いけど、『ベルセルク』を産んでくれたことには感謝しかない。心からのご冥福をお祈りします》
《偉大な漫画家が亡くなられたショックと、ベルセルクが未完の大作になってしまったショックが二乗でつれぇわ》
《ベルセルク、作者が生きてるうちに終わらねえだろwってネタにしてたけども、それは仕事に凝り過ぎて、なかなか続きが出ないって意味であって、早死するからって意味じゃねえんだよ…》
《偉大なる作品を生み出してくれた三浦先生のご冥福をお祈りします。未完であっても、この先も語り継がれる作品だと思います》

といった声があがっていた。

三浦建太郎さんの“過労”を疑う声も…

また三浦さんの死因が〝急性大動脈解離〟だと発表されているため、《過労が原因だったのではないか》とも指摘されている。「国立循環器病研究センター」の公式サイトによると、大動脈解離とは、大動脈の中膜が裂けてしまい、元々は大動脈の壁であった部分に血液が流れ込み、大動脈内に2つの通り道ができてしまう状態。原因としては喫煙や糖尿病の他、ストレスなどが挙げられるそうだ。

連載を持つ漫画家は、締切に追われる多忙な日々を送っている印象。特に三浦さんは緻密な描き込みに定評があり、一部ファンの間では、

《やっぱりあれだけの作品を毎回描き込んでいると、精神的なストレスもすごそう》
《急性大動脈解離って… やっぱり過労による突然死なのかな》
《もし過労が原因なら本当にやるせない》
《急性大動脈解離って過労がかなり要因になるんでしたよね…。ちゃんと寝ないとな本当に》
《急性大動脈解離は長年の過労と不摂生により循環器系にダメージが積み重なって起こる症状。若い頃無理し過ぎると、歳とってから休んでも解消されない。漫画家やアニメーターの職業病で、この症状で休止される方は結構多い…》

などとも囁かれている。

最近は何かと人気漫画の休載が多く、『ONE PIECE』の尾田栄一郎や、『呪術廻戦』の芥見下々も急病を理由に休載を余儀なくされていた。ファンは常に物語の続きを心待ちにしているが、どの漫画家も自分の体を第一に考え、クライマックスまで描き切ってもらいたいものだ。ともあれ、三浦さんのご冥福をお祈りしたい。

【画像】

ShotPrime Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】