新垣結衣への“愛のポエム”を14年…ガチ恋ブログが更新休止「笑えんわ」

新垣結衣への“愛のポエム”を14年…ガチ恋ブログが更新休止「笑えんわ」 

(C)まいじつ

5月19日の夕方に一斉に報じられた、星野源と新垣結衣の結婚。たちまち〝逃げ恥婚〟ともてはやされ、日本中が驚きと祝福に包まれた。

星野と新垣は、2016年に放送された『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で共演。その後、2021年1月に放送された同ドラマの続編にて再会を果たし、ドラマ関連の仕事をすべて終えたのちに交際をスタートさせたそう。

ネット上には、たちまち結婚を祝う声が溢れかえり、

《ドラマを飛び出して実写になった! 2人ともおめでとうございます!》
《星野源さん、新垣結衣さんご結婚おめでとうございます! おれたちのみくり! おれたちの平匡!》
《ドラマ予告のフェイクニュースかと思ったら現実…! 今年に入ってから一番うれしい出来事です!》
《仕事に迷惑をかけないように関係をはぐくんできたのがすごく良い…。いつまでも推せる夫婦》

といったコメントでSNSが埋め尽くされた。

「祝福の声はネット上だけでなく、芸能界からも数多く寄せられています。同ドラマ内で新垣の叔母役を務めた石田ゆり子は、報道直後にインスタグラムを更新。すっぴん姿の写真を投稿し、《わたしのことはどうでもいいけど、百合ちゃん、役のままの気持ちです。おめでとう。こりゃたいへんなニュースだ》と喜びいっぱいのコメントを投稿していました。また『逃げるは恥だが役に立つ』の原作者である海野つなみは、オリジナルイラストと共にツイッターを更新。《新垣結衣さん星野源さん、ご結婚おめでとうございます!これからもお二人の幸せと健康を、心から願っています》とコメントを発表しています」(芸能ライター)

ガチ恋ブロガーは星野源だった!?

一見おめでたいムード一色のようにも思えるが、一方で〝ガチ恋勢〟にとっては立ち直れない出来事になってしまったようだ。

突如ネット上で話題になったのは14年間新垣への思いを綴り続けていた人物のブログ。2007年から新垣への〝自作ポエム〟を投稿し続けており、その数は8500件以上にのぼっている。

報道前に更新されたブログでは《結衣の心を 結衣の存在を感じたい 心であなたを感じたい想いで抱きしめたい 結衣を身近に感じたい》(一部抜粋)などと、熱烈なラブレターを綴っていた。

しかし2人の結婚が発表された直後に、「休止」のタイトルでブログを更新。《しばらく更新お休みします》とだけ書かれた投稿をアップしたきり、更新が途絶えてしまった。

一連の流れに、ネット民からは

《笑えんわ…》
《ご愁傷様です》
《ちょっとかわいそうになってくる》
《なんやこのブログ。恐怖を感じたわ》

などの声があがっていた。しかし一方で、結婚を機に更新が止まったため、《もしかして星野源がブログの管理人?》とウワサされる事態に発展している。

「星野はテレビやラジオだけでなく、新垣の魅力をエッセイ化させています。2017年に刊行された星野のエッセイ『いのちの車窓から』では、『新垣結衣という人』という見出しがつけられたエッセイを掲載。同書の中では、新垣の普通な部分に魅力を感じていると述べており、最後の一文は《あなたは本当に素敵な、普通の女の子である》と締めくくられています。さすがに星野自身がブログを更新していたとは考えにくいですが、新垣への愛の深さはブログの管理人と同じレベルと言えるのではないでしょうか」(芸能ライター)

2人には、ぜひとも「逃げ恥」のようなほんわかとした家庭を築いてもらいたいものだ。

【あわせて読みたい】