『レンアイ漫画家』胸クソ展開!衝撃的な過去に「トラウマになる」視聴者ドン引き

『レンアイ漫画家』胸クソ展開!衝撃的な過去に「トラウマになる」視聴者ドン引き

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

鈴木亮平が主演のドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)の第7話が、5月20日に放送された。鈴木演じる刈部の過去が明かされたのだが、「トラウマになる」と視聴者をドン引きさせている。

同作は、漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家・刈部清一郎(鈴木)と、〝ダメ男ホイホイ〟と呼ばれるアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆)という恋に不器用な2人を描いたハートフルラブコメディー。あいこは刈部の指令を受けてターゲットの男性と恋愛して、その体験談をネタにして刈部が漫画を描いていく。

刈部は弟の純が亡くなったことから、純が男手一つで育てていたレンを引き取って一緒に暮らしている。第7話では、純の元妻・秋山美波(内田理央)が刈部の家に押し寄せてくる。レンを渡さないために刈部は奔走するが、そこで美波から衝撃的な刈部の過去が明かされた。

刈部は昔、美波に恋をしていたという。そんなある日、純と美波に呼びされて行った喫茶店で、美波の妊娠を告げられる。なんと相手は純。刈部は美波が自分に気があると思っていたために動揺する。実は純は、刈部が美波のことを好きだと知っていたため、2人をくっつけようとしたのだが、結果的に美波を妊娠させてしまったという。純と美波は「兄貴、ごめん」「ごめんね、せいちゃん」と謝り、刈部は「幸せになれよ、3人で」と口に。それ以来、刈部は恋愛をしなくなったそうだ。

「弟も美波も縁切りして良いレベル」

実の弟に好きな人を奪われ、妊娠するという重すぎる過去に、ネット上では

《美波も弟も最悪やん。そらトラウマになるわ》
《これ恋愛できなくなりますわ…》
《先週までわりと平和だったのに急にメロドラマ展開》
《刈部さんかわいそすぎ。そりゃ心閉ざすよ》
《この状況で、レンくん引き取るっていい人すぎるよ。普通なら絶縁して母親に引き取ってもらう》
《弟も美波も縁切りして良いレベル》
《弟はサイコすぎんか?》

などドン引きの声があがっていた。

コメディー的な作品で、突如明かされた胸糞悪い過去。刈部が救われる展開が待ち遠しい。

【あわせて読みたい】