やはり苦戦した「2017年上半期」フジテレビドラマ

bee / PIXTA(ピクスタ)

今年も半年が過ぎ、1~3月期、4~6月期に各テレビ各局でさまざまなテレビドラマが放送された。

まず1~3月期では、不調が続くフジテレビの“月9”枠で西内まりあ主演による『突然ですが、明日結婚します』がスタート。しかし、結果は平均視聴率6.7%と散々な結果に終わっている。

ビデオリサーチ調べ/関東地区(全話平均)

「ファッションモデル出身で、女性に圧倒的な人気を誇る西内だけに、高視聴率が期待されたのですが、厳しい結果に終わりました。かつては視聴率30%も珍しくなかった月9枠ですが、いまでは福山雅治でもふた桁を超えることが難しくなっています」(スポーツ紙記者)

その一方で好調だったのが、人気漫画をドラマ化した『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)。女優の吉高由里子、榮倉奈々、大島優子の演技は、都会の独身アラサー女性たちの共感を呼んだ。

 

ドラマ制作で抜け出したテレビ朝日

4~6月期を見てみると、注目の“月9”は『貴族探偵』に現在ジャニーズで最も人気のあるグループ『嵐』の相葉雅紀を主役に起用。さらに武井咲、生瀬勝久、井川遥、仲間由紀恵、中山美穂、松重豊ら主役でもおかしくない俳優陣が脇を固めた。だが、初回の11.8%以降全てひと桁の視聴率で、平均8.8%にとどまった。

ほかにもこのクールでフジテレビは、観月ありさ主演の『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』が平均5.4%と苦しい結果に終わっている。

ビデオリサーチ調べ/関東地区(全話平均)

「主役の観月は、2017年まで26年連続、通算30作で連続テレビドラマの主演を毎年務め、この記録はギネス認定されています。ただ、記録は素晴らしいですが、最近はドラマ作品のなかで存在感を昔ほど示すことができなくなっています」(同・記者)

逆に好結果だったのが、天海祐希主演の『緊急取調室』(テレビ朝日系)で、平均視聴率14.1%を獲得した。

「緊急取調室は2014年のシーズン1の記録を上回り、テレビ朝日のドラマで米倉涼子の『ドクターX』シリーズと水谷豊の『相棒』シリーズのツートップに続く期待が掛けられています。天海は昨年、フジテレビの『Chef~三ツ星の給食~』で主演を務めたのですが、これが7.1%で同クールのドラマの中で最低の視聴率でした。それが倍の視聴率で一気にトップに上り詰めたわけですから、作品と局が変わるとこれだけ結果が違うということが証明されたのです」(テレビ雑誌編集者)

ここまでを見ると、やはりフジテレビの凋落ぶりが目立つ結果となっている。しかし、現在放映中の7~9月期の月9『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命― THE THIRD SEASON』は久々の高視聴率を維持している。平均15%を維持して次回以降につなげたいところだろう。

「ずっと低迷していただけに、コード・ブルーの好調でフジテレビ社内の雰囲気はよくなってきているといいます。ただし、なぜ当たっているのかよく分からない社員も多いそうです」(同・編集者)

“下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる”ということわざのような作品にならなければいいのだが。

 

【画像】

bee / PIXTA(ピクスタ)

【参考】

週間高世帯視聴率番組10 – ビデオリサーチ

【あわせて読みたい】

※ もしもいま南北朝鮮が「統一」したら

※ 北朝鮮ついにICBM発射!金正恩が指揮する「ミサイル開発競争」

※ 韓国・文在寅大統領に教えたい「従軍慰安婦の真実」~その1~

※ 「慰安婦問題ねつ造」背景には破廉恥な妄言

※ 中国・習近平主席が孤立化…血で血を洗う権力闘争