『スッキリ』女子アナの危うい様子に厳しい指摘「新人アナならともかく…」

『スッキリ』で虚偽放送!? 岩田絵理奈アナの不自然な緊張ぶりに厳しい指摘

加藤浩次 (C)まいじつ

5月21日放送の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で岩田絵理奈アナウンサーが、キャベツの〝ざく切り〟に挑戦。しかし、手元がおぼつかず、視聴者からはツッコミの声が殺到している。

この日、番組では冒頭のコーナーで料理用語を解説。〝ひと煮立ち〟や〝しんなり〟〝ざく切り〟などの正しい意味をクイズ形式で紹介した。

「普段から料理をしている」と紹介された岩田アナは、〝ざく切り〟にチャレンジ。しかし、いきなり振られたことで緊張したのか、キャベツを切る手元がブルブルと震え、今にも手を切りそうな危うい状態になっていた。

この放送に対し、ネット上では

《岩田アナのキャベツ切り、緊張で手が震えてうまくできてないね。怖いなら無理しなくていいよ》
《急に振られたのはかわいそう。弱い者いじめに見えてちょっと不快》
《自分でも驚くくらい、緊張が度を超えると制御出来なくなりますよね。岩田アナ、トラウマにならなければいいけど…》

などと、心配する声が相次いだ。

「普段から料理をしている」はウソだった!?

また、岩田アナの不自然な緊張に

《普段まったく料理してないんだろうな》
《いきなり皮剥きしろとか、固い南瓜切れとか言われたら緊張するのはわかるけど、キャベツのざく切りで震えるのはちょっとわからん》
《なんかハラハラして見ていられない。テレビ消して一旦その場から離れたわ》
《新人アナならともかく、いくら急なふりでもあそこまで震えるかね? もともとたいして料理してないのかな》

などといった厳しい指摘もあがっている。

岩田アナは、4月23日に更新された同番組のYouTube公式チャンネル『岩田アナ 今週のスッキリニュースBEST(3)』にも出演。その際、「岩田さん、普段から料理されるんですか?」と質問されると「一切…、卵雑炊しかつくれません」とキッパリ。また、タマネギを切る様子が、「まるでスイカ割り」という指摘を受けている。

先月の『スッキリ』でも「簡単&絶品アレンジトースト」を作るコーナーでMCの加藤浩次から包丁使いを心配されていた岩田アナ。「普段から料理をしている」という紹介はフリだったようで、料理ができない岩田アナを笑いものにして楽しんでいたのかもしれない。

【あわせて読みたい】