『Mr.サンデー』宮根誠司が共演者を“ガン無視”?「大人げない」

宮根誠司 

(C)まいじつ 

5月23日放送の『Mr.サンデー』(フジテレビ系)で、MCの宮根誠司がコメンテーターの発言をガン無視したのではないかと、視聴者の間で話題になっている。

この日は、橋下徹氏、木村太郎氏、トラウデン直美らが出演。番組では緊急事態宣言下での五輪開催について、国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長が21日に「答えはもちろんイエスだ」と発言したことを紹介。トーマス・バッハ会長も19日、開催に肯定的な発言をしたと報じた。

スタジオでは、東京五輪組織委員会の中村英正GDOと五輪開催の是非を巡り討論。宮根は「(IOCの)2人の発言、どう思った?」とトラウデンに話を聞いた。

宮根誠司がトラウデン直美の発言をスルー?

東京五輪開催の是非を問われ、「反対」のフリップを出していたトラウデンはアスリートの準備期間の長さを念頭に入れて発言。「状況を考えたときに緊急事態宣言下にある中で、日本に入っていたいアスリートがいる中で…それって、もうオリンピックは始まってるんじゃないかって思う」と口に。「今、聞いてる段階というよりも、『もう始まっているけど対策どうするの』って聞いた方がいいような気がしています」と持論を展開した。

すると、宮根は「特にね…」と口を開き、「バッハ会長の『日本独自の忍耐力、逆境を乗り越える力』って言ってるんですけど、橋下さんね、これ聞いたときね、戦時中かと思いましたよ」と橋下氏に話を振る。トラウデンの発言は見事に「スルー」される形になってしまった。

宮根の進行ぶりに視聴者から、違和感を示す声が続出している。

《話聞く気ないならコメンテーター呼ばないでほしい、話じっくり聞けないし》
《宮根誠司って、なぜ他の人に話を振っておいて無視するの? 遮って自分が出てくるの? 相槌ぐらい打てよ》
《毎週毎週ゲストに意見聞くだけ聞いて無視するのやめようよ 宮根さん》
《トラウデン直美が状況を冷静に見て現状に則した意見を言ってるのに大人気なく無視してるのは何だろうね》
《トラウデンさんの意見丸無視ですかい》

生放送では時間が限られているのかもしれないが…。

【あわせて読みたい】