阿部寛『ドラゴン桜』“胸クソ演出”に視聴者ドン引き…「ただただ気分悪い」

阿部寛 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

5月23日に、阿部寛が主演を務める大人気ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)の第5話が放送された。同話では学園ドラマとは思えない〝胸クソ展開〟が繰り広げられ、ネット上で大きな反響を呼んでいる。

このドラマは、元暴走族で弁護士の桜木建二(阿部)が、落ちこぼれの高校生を東京大学へ現役合格させるために奮闘する熱血学園ストーリー。第5話では、桜木が教える東大専科と一流大学コースが再び勝負することに。一度敗北を喫し、苛立ちを抑えられずにいた一流大学コース・藤井遼(鈴鹿央士)を案じた学園の理事長・龍野久美子(江口のりこ)の提案である。

前回の勝負では有利な状況を作り出せた東大専科だったが、今回はハンデもない真っ向勝負。しかも桜木は学園一成績の低い原健太(細田佳央太)も専科の仲間に入れ、それを知った藤井はより一層怒りを露わにする。

そして藤井は原に向かって、「どこまで俺をコケにすれば気が済むんだよ?」「こんな虫けらに東大目指せるわけねーだろ」「こいつここ(頭)のネジが何本か足りないの」と罵詈雑言を浴びせ、最終的に原が大事に育てていた虫の入ったカゴを空高く蹴り上げてあざ笑うのだった。

『ドラゴン桜』の逆転劇が行き過ぎて裏目に…?

結果的に勝負は原の頑張りで専科が勝利。しかし視聴者は藤井の横暴さに嫌気がさしたようで、

《ドラゴン桜って、こんな胸クソ悪くなるような展開だっけ》
《胸クソ展開から胸アツ展開に持っていくのが気持ちよくて視聴者ウケするのかなとは思うけど、さすがに胸クソ展開を極限まで持っていきすぎて、ただただ気分悪い》
《あかん、ドラゴン桜の藤井が胸クソすぎる》
《ツイッターで虐待系の広告見た気分》
《半沢の悪影響か、痛快感を重視しすぎて正直途中が胸糞悪すぎる。来週も見るか見ないか瀬戸際の状態》
《TVつけたらドラゴン桜の胸クソシーンだけ見てしまった。吐きそう》

などといった反響が続出している。

「同作は第1話から高視聴率を叩き出していたものの、視聴者からの評判が悪く、ドラマ『半沢直樹』と『GTO』を足して二で割ったような作品と言われていました。実際に〝逆転劇〟を盛り上げるため、どん底まで落とすといった展開が多く、それが裏目に出てしまっているようです」(芸能ライター)

最後の最後で爽快感を与えたいのかもしれないが、中盤の〝胸クソ展開〟が強すぎて逆転しきれないのであれば、まさに本末転倒。前作はそんなドラマではなかったはずだが…。

【あわせて読みたい】