『バイキング』熊田曜子のDV夫を擁護!?「やばい…」「反吐が出る」

熊田曜子 

(C)まいじつ 

タレント・熊田曜子の夫がDVで逮捕された事件を、5月24日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)が報道。番組レギュラー・野々村真の発したコメントが物議を醸している。

番組のパネルでは夫婦仲がこじれた理由が考察されたのだが、その中には、熊田のグラビア活動をめぐる夫婦間のズレが。3人の子どもを出産後、そろそろグラビアをやめてほしいという夫に対し、熊田は〝生涯一グラビアアイドル〟として活動したい意向を示し、夫が渋々ながら了承したことがあったという。

MCの坂上忍とレギュラーのアンミカは、タレントと一般企業勤めの夫婦では、仕事に対する価値観のズレも生まれやすいとこの件に同情。ここを埋め合わせるのは重要だと説き、坂上はここで野々村に話を振る。

すると野々村は、「ウチもそこで、揉めはしなかったけど色々あったんですよ。付き合ってる頃、僕に内緒で週刊誌のグラビアをやってて、それを知らずに本屋さんに寄ったら気付いて。そこで我を忘れて(本を)破って。店主さんに警察呼ばれそうになったことがあって…。付き合ってるなら水着になられるのは嫌だったんで、もう辞めてくれって言って」と、現在の妻・野々村俊恵と付き合っている頃の驚愕エピソードを語り始めた。

坂上忍ですら苦言「この人頭おかしいよ」

この現場には坂上もいたとのことで、坂上は「まこちゃんと一緒に本屋行ったら、店頭に平積みされてたのを見た途端に、そこにある雑誌、全部破り捨てたの。この人頭おかしいよ。『はぁー!?』って思った」と当時の様子を回顧。しかし、野々村は「反省してますけど」としながらも、「やっぱ自分の女性の水着を他の人に見られるのは嫌だったから!」と熊田のDV夫に理解を示した。

さらに、熊田の夫が「食べる」と言ったにもかかわらず熊田の手料理を口せず、廃棄にいたったことが100回以上あったというエピソードにも、野々村は「水着もだけど、これも気持ちは分かる!」と擁護。これにはスタジオも一斉に反発し、ネット上にも

《バイキング見てると野々村真に呆れて反吐が出る。こいつよくテレビに出れるな》
《野々村真ヤバすぎてビビる…》
《店頭の雑誌破くとか普通の人は、そんな事しないよ》
《バイキング観てるけど、野々村真のコメントがほぼ全てやばい…》
《熊田曜子さん夫よりヤバい人》

などと苦言が相次いだ。

恐妻家として知られる野々村だが、かつては力関係が逆だったのだろうか?

【あわせて読みたい】