『CDTV』flumpoolギター激太り! 楽曲そっちのけで体型が話題に

(C)Head over Heels / Shutterstock 

5月24日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)に、4人組ロックバンド『flumpool』が登場。ギターの阪井一生がものすごく太っていたため、ファンから大きな注目が集まっていた。

この日の番組で「flumpool」は、火花をイメージした野外の特別ステージで新曲『ディスタンス』を披露。同楽曲は、コロナ禍を振り返り、物理的な距離は離れていても心の距離は近づいた大切な人に思いを馳せながら書いたという。歌詞も「ねぇ『大丈夫』なんて ほらまた 遠ざけないで」といった、ソーシャルディスタンスをイメージしたフレーズが多く登場する。

ダイエットに専念するため活動を休止したのに…

圧巻のパフォーマンスだったのだが、視聴者は額に汗を浮かべながらギターを弾く阪井に釘付け。ネット上では、

《家帰ってテレビつけたら五億年ぶりにflumpoolみたんだけど、ギターの人めちゃくちゃ太っててびっくりした》
《久々にflumpoolみたらギター激太りしとる》
《flumpoolのギターの人はシュッとしてないんだなw》
《flumpoolのギターさん、ダイエットせな。あんな丸っこかったっけ?》
《待って、flumpoolのギターの方が更にぽっちゃりしてて最早誰だかわからんよー》
《あれ? flumpoolのギターの方、せっかくダイエットしたのにそのときの倍以上にバインバインになってない?》

などと、他のメンバーよりも一回りほど大きくふっくらとした体型の阪井に対する声が相次いでいた。

2013年、阪井はダイエットに専念するため、ビジュアル面での活動を一時休止。休止している間、ヘルプメンバーとしてお笑いコンビ『NON STYLE』の井上裕介が参加するなど、一部のファン界隈で注目を集めることに。休止はビジュアル面だけなので、楽曲制作やレコーディングなどの活動はダイエット中も続けていた。

当時は「flumpool」のオフィシャルサイトにダイエット用の特設サイトや「阪井一生ダイエットTwitter」といったアカウントも作られていたが、目標体重に達したため現在は削除。推定80kg以上あった体重を62.5kgまで戻し、スリムな姿を披露していた。

厳しいダイエット生活を送っていたにも関わらず、8年の時を経てリバウンドしてしまった阪井。彼には定期的に〝ダイエット企画〟が必要なのかもしれない…。

【画像】

Head over Heels / Shutterstock

【あわせて読みたい】