『ボンビーガール』開業ガールが炎上! 番組の“悪質編集”に「ヒドすぎる」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

5月25日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)で、クレープ屋を開業した一般女性の奮闘ぶりを紹介したが、視聴者は映像の編集に悪意を感じると番組サイドを批判している。

スタッフは開店1カ月前の女性宅を訪問した。別の仕事で節約生活を続け、8年で500万円貯金し、353万円でキッチンカーを購入したという女性。しかし、1カ月後にオープンが迫っているものの開業場所が見つからない状態にあり、さらにはクレープを焼いたことがない素人だという。

「開業ガール」クレープ店が炎上も…「あの編集は酷すぎ」

番組サイドはキッチンカーに加え、備品やホームページ作成に40万円を費やしたものの、女性がクレープをうまく焼くことができないと紹介。同時に女性がクレープを円形に焼こうとしたものの、失敗する動画を繰り返し流していた。女性がクレープ作りに失敗する動画の撮影時期は明かされていない。

クレープ作りを練習する様子を見て、視聴者からは「仕事をなめてる」と女性への批判が殺到している。一方、オープン1カ月前の店のSNSを見た人物は 、クレープは上手に焼けていたと指摘。女性の失敗のみを紹介するVTRには悪意があると番組を批判している。

《本人のことを考えると、わざわざ視聴者から言われまくる演出なんか挟む必要ないでしょ…》
《なんかボンビーガールの演出ひどかった 本当に頑張っている人までコケにするのね》
《クレープ1カ月前には普通に焼けてるのね。それであの編集は酷すぎ》
《準備してないことだけ最初に全部流して、ちゃんと準備できたところは後出しとかかわいそうすぎる》
《準備不足かもしれないけど、視聴者に迷惑かけてないし、TVのヘンテコ編集もあると思う》
《ツイッターでぼろくそいわれててかわいそう 開業するなんて自分にはできへんからすごくかっこいいと思う》
《ボンビーガールの開業ガールは準備不足という演出だと思う 実はちゃんとコツコツ下準備してたように見える》

番組では、蒲田に構えた店のオープンの様子を紹介。キッチンカーには人だかりができており、どうやら店は繁盛していた様子だ。人気店になることを願いたい。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】