きゃりーぱみゅぱみゅ“激太り”でオバサン化?「誰だか分からない…」

きゃりーぱみゅぱみゅ“激太り”でオバサン化?「誰だか分からない…」 

(C)まいじつ

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが5月24日、自身のインスタグラムを更新。口ひげをつけてコーヒーカップを持つ姿を披露したが、ネット上では〝肥大化〟を心配する声があがっている。

きゃりーは20日から、ファンクラブ『KPPCLUB』会報誌シリーズとして、パーカ-&短パンなど、さまざまなバリエーションの自画像をアップしている。今回話題となったのは、4つめの会報誌のカット。写真のきゃりーはベージュのカールヘアのウィッグを着用し、鼻の下にはつけヒゲをたくわえ、カメラ目線でウインクを決めている。チェック柄のジャケットが店内の雰囲気とマッチし、レトロな1枚に仕上がっていた。

この投稿に、ファンからは

《かわいい! すてきな衣装ですね~》
《なんだかファンタジー映画の主人公みたい。ステキです!》
《大胆なイメチェンですね。バリバリかわいいです》

などと反響を呼んでいる。

きゃりーぱみゅぱみゅの“若作り”は限界?

しかし一方で、一連のシリーズに写っているきゃりーの顔の大きさが、日によって全く違っており、目ざといファンからは猛ツッコミが殺到している。実際に、ネット上では

《この写真、首が太いのか、合成ぽく見えるんだが。画像いじりでしょ》
《この人、2年くらい前からブクブク太ってきたよね。リアルであったら誰だか分からないのでは?》
《そろそろこういう格好もキツイのでは? それよりセルフメンテナンスをした方が…》

などと、厳しい声が聞こえてくる。

「インスタグラムでは全盛期時代と変わらぬかわいらしい姿を見せているきゃりーですが、実物はかなり〝肥大化〟しています。恐らく10キロ以上は太ったんじゃないでしょうか。特に今回のヒゲの写真は加工が甘かったようで、まん丸とした顔がそのまま写ってしまいました。本人もさすがにヤバいと思ったのか、25日に投稿した画像ではマスクで口元を隠し、ほっそりとした顔つきのカットを公開しています。明らかに顔の大きさが違うため、画像加工した可能性が高そうです。すべての投稿にきちんと加工を施すのが面倒ならば、いっそ素顔のままのほうがファンも喜ぶと思うのですが…」(芸能記者)

オバサン化が指摘されるきゃりーだが、まだ28歳と老け込むには早い年齢だ。きちんとセルフメンテンスをすれば、写真を加工する必要もないと思うのだが…。

【あわせて読みたい】