指原莉乃“過去のウソ”をネタにして批判「反省してない」「ツラの皮が厚い」

指原莉乃“過去のウソ”をネタにして批判「反省してない」「ツラの皮が厚い」 

(C)まいじつ

5月23日放送のスペシャルバラエティー『愛しのアピールちゃん』(TBS系)では、MCの指原莉乃が過去についた〝ウソ〟を反省する一幕が。しかし、ウソをテレビで〝ネタ〟にしたことで、ネット上で批判の声が続出している。

この番組は、世の中にあふれる〝アピール〟を紹介していく新感覚バラエティー。終盤には「あれ、嘘アピールです」と題して、出演者たちがウソを告白するコーナーが登場する。

そこで指原は「『男が苦手キャラ』って言ったら、速攻スキャンダル出ましたね」と話し、出演者の『ハライチ』澤部佑から「めちゃくちゃやってんじゃねぇか!」と厳しいツッコミを受ける。そして最後に指原は「ワザとじゃないんですけど、何となくついたウソだったんですけど、大きなウソに発展しちゃって…」と明かしたうえで、「申し訳ない、今では反省してます」と謝罪をしていた。

「今では知らない人がいないほど有名ですが、指原は2012年の週刊誌にて『AKB48』の研究生時代に彼氏がいたことを報じられています。しかもキスをしたプリクラまで流出してしまい、その影響か地方の系列グループ『HKT48』に移動させられたことも。すでに10年近く前のスキャンダルではありますが、未だにネタにしているようですね」(芸能ライター)

指原莉乃の開き直りに怒る人も?

もはやスキャンダルをネタとして平然と扱う指原に、視聴者からは、

《仕事とはいえ平気で嘘をつける人はちょっとね…》
《嘘つきアイドルから、暴露系アイドルに進化を遂げたんですね》
《ネタにしてヘラヘラしてんだから反省なんかしてねぇだろ。これも嘘じゃねぇか、いいかげんにしろよ》
《指原くらいツラの皮が厚いやつは他に見かけないなぁ》
《わざわざ嘘だって明言しなくてもいいのに。まだ普通にアイドルやってる人も多いし、嘘つかずに真っ直ぐ頑張ってる後輩もいるんじゃないかな。これだけの成功者に笑い話で言われると、何でもありだなって思ってしまう後輩も増えそう》

などと厳しい声が続出している。

過去のこととはいえ、ルールを守らなかった事実を面白おかしく話すことは、今も現役で真っ当にアイドルをしている後輩たちに悪影響。それを踏まえて、今後はあまりスキャンダルをネタに笑いを取る行為は控えたほうがいいだろう。

【あわせて読みたい】