『ボンビーガール』開業ガール炎上はヤラセ? 不自然な演出に「サクラでしょ」

『ボンビーガール』開業ガール炎上はヤラセ? 不自然な演出に「サクラでしょ」 

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

5月25日放送のバラエティー番組『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)は、〝番組史上最も危なっかしい開業ガール〟に密着。あまりのド素人ぶりに、視聴者からツッコミが殺到している。

この日の番組では、500万円を貯め、念願のクレープ店を開業したいという、さやかさんを紹介。東京と神奈川の県境に住んでいる彼女の自宅を取材した。

しかし、さやかさんはクレープ作りはまったくの素人。オープン1カ月半前なのに、他人のYouTube動画を見て、見よう見まねで練習する始末。しかも、まともにクレープも焼けないまま、35万円以上も使って開業用の器具30点を購入していた。さらには、開業場所まで決まらないという事態に、視聴者もあ然とするしかなかったようだ。

この放送がネット上で、

《500万ちゃんと貯めてたのに、クレープ焼けないとか絶対嘘でしょ。できないからの頑張るアピールで、テレビ利用するのだけは上手だな》
《クレープほぼ焼いたことない、初日に電動機使用2回目とか商売をなんだと思ってるんだろ。あり得ないわ》
《この時期に商売始めるのもすごいけど、色々雑すぎる。飲食店の商売ナメてるとしか思えない》
《ろくに準備もしてないし、調理中に髪触ったりとかちょっと酷すぎて言葉もない。頭悪そうで見ていてイラつくんですけど》
《ろくに練習しないで、器具揃えて服装だけそろえて…形から入るタイプでしかも28歳(笑)現実はそんな甘くないでしょ。夢見すぎ》

などと炎上している。

『ボンビーガール』の“仕込み企画”に批判の声

一方で、全くの素人がクレープ屋を無事開業させるという〝出来レース〟のような展開に、またしても

《またヤラセか。クレープ屋さんがクレープ焼くだけで「うまくなった!」とか言われてる時点で終わりだわ》
《予告CMで見ましたが、ボロッボロのクレープ焼いてましたね。初日の客だって、どうせサクラでしょ?》
《500万貯められるのに本当にクレープの練習していなかったの? 怪しいな》

などと、厳しいツッコミが相次いでいる。

「さやかさんは、自身の誕生日である4月23日を開業日に決めたのはいいのですが、それに合わせてきちんと準備をせず、すべてが場当たり的な感じ。さらに映画を見て豪華な暮らしぶりに魅了され、マリー・アントワネットのような衣装を着てきたのも視聴者の不評を買いました。番組的には面白いキャラクターでしたが、コロナ禍で営業不振にあえいでいる飲食店関係者にとってみれば、文句の一つも言いたかったのではないでしょうか。また、衛生管理もままならないまま、初日にはお客さんがわんさか並んでおり、これでは露骨な〝演出〟だと捉えられてしまっても仕方ないでしょう」(エンタメ誌記者)

番組の後押しもあってか、最後はなんとかオープンにこぎ着け、5万円近くの売り上げを達成。幸先のいいスタートを切ったが、今後、テレビ効果がなくなった時に、本当の実力が試されることだろう。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】