心療内科通院を明かした和田アキ子に「自分には神経質なのね」ネット炎上!

「心療内科というのは、内科の部分も含みます。たとえば意味もなく吐き気がするとき、あるいは仕事に失敗して、急に落ち込んだとときとか。なんとも言えず心身が優れないときに通います」(医師)

心療内科と精神科は混同されがちである。

「精神科の典型的な症状は幻聴、幻覚など。こういう場合は向精神薬による治療が行われる。心療内科の場合は治療室以外に面談室もあり、医師に話すことでホッとする人もいます」(前出・医師)

和田がどのレベルの治療を受けているかは定かではない。だが彼女の言葉を借りれば、なんらかの「不安とかプレッシャー」を感じているようだ。

「最近は《なぜ、いつまでも紅白歌合戦に出ているんだ》と、多くの週刊誌が話題にしています。ヒット曲がないのに、紅白に出るのは不思議だというわけです」(音楽ライター)

和田は今年で『NHK紅白歌合戦』に39回目の出演を果たす。

「紅組司会は同じ事務所の綾瀬はるか(30)。彼女は来年3月からはじまる大河ファンタジー『精霊の守り人』に主演する。和田は綾瀬の宣伝を兼ねた“抱き合わせ出演”とも言われています」(前出・音楽ライター)

だとすれば“ゴッドねぇちゃん”の異名を持つ和田としては、このうえもない屈辱だろう。