星野源“結婚後”もラジオ番組で下ネタ連発「これぞ星野源です!」

星野源“結婚後”もラジオ番組で下ネタ連発「これぞ星野源です!」

星野源(C)まいじつ 

5月25日深夜、緊急事態下にもかかわらず、有楽町のビルが〝密〟に包まれた。国民的俳優・新垣結衣との結婚で、自身も国民の象徴に昇り詰めたマルチタレント・星野源が、ラジオの生放送に表れ、報道陣が集結したのだ。

星野にとって結婚後初の公の場とあり、マスコミは何かコメントを取ろうと密を作って大集結。その様子は硬派なニュース番組である『NEWS23』(TBS系)でも速報で報じられ、ラジオ試聴者も普段より格段に増えることとなった。

日本中の注目が集まる中、星野は新垣との結婚を生報告。「お互いをなんて呼んでいますか」というリスナーからの質問に対し、「普通に結衣ちゃん」「彼女は源ちゃんとか、たまに星野さん」と答えた。その後もしばらくは惚気話が続いたのだが、以降は平常運転のモードに。星野のラジオは、下ネタの豊富さが特徴なのだが、この日も、いつもどおりの下ネタが含まれたリスナーからの祝福メールを大量に読み上げたのだ。

臆すること下ネタもいけちゃう男気炸裂!

本人は「やめてー。大事な回!」とツッコミを入れつつも、これらに対して通常通りリアクション。これからは、こうした発言は清廉な嫁のイメージにも関わりかねないが、臆することなくブチ込む男らしさを見せたのだ。

結婚しても変わらない姿勢に、ファンからは

《ご結婚の話をしつつも通常回。勝手な憶測はやんわり上書き。下ネタも行きあたりばったりもどんと来い。これぞ星野源です》
《これが星野源のANNなのです。 普通に下ネタが飛び交うラジオなのです》
《記者がたくさん聞いてるであろう結婚発表後のラジオで、いつものようにばちばちの下ネタ流れまくる星野源まじ星野源》
《もうこの夫妻を国の王子と女王にしてほしい》
《結婚発表して1発目のオールナイトニッポンでもちゃんと下ネタ連呼してる》

など、「結婚したけど下ネタもいけちゃう」と狙い通りの反応を得た。

もはやひとつの粗すらも存在しない星野・新垣夫妻。両者ともに「国民的」と崇められる組み合わせは、やはり只者ではない。

【あわせて読みたい】