成田凌“クズ告発”相次ぐも干されない謎! 田中圭レベルの聖域か?

成田凌“クズ告発”相次ぐも干されない謎! 田中圭レベルの聖域か?

(C)まいじつ

永山瑛太や田中圭など、酔った末に問題行動を起こす〝酒乱俳優〟の世界に、新たなスターが誕生した。先日、最終回を迎えた朝ドラ『おちょやん』(NHK)で〝クズ夫〟役を演じた成田凌だ。

成田は発売中の『女性自身』により、会食自粛や、酒類提供する飲食店に休業・時短営業が要請されている緊急事態宣言下の今月14日、都内店舗で友人たちと夜11時過ぎまで飲んでいたことが発覚。同誌の取材に対し、成田の所属事務所は「本人に確認したところ、事実と認め、軽率な行動をとってしまったことを深く反省しております」などとコメントし、本人に厳重注意したことを明かしている。

この飲み会は1時間ほどと短かったようだが、気になるのは記事内の証言。記事には《彼の酒癖の悪さは業界では有名。かなり悪酔いするらしく、東京・西麻布のラウンジ嬢から敬遠されており、出禁にされているバーは複数あるそうです》と、出入り禁止を食らうほど酒癖が悪いと示唆されているのだ。

プライベートでも“クズ夫”の役そのもの?

同証言は、架空の関係者という線も捨て切れないだろう。しかし、成田の酒癖の悪さは多方面から漏れ伝わっており、この談話にもかなりの信憑性が持たれるのだ。

「2016年12月、映画監督の園子温が、自身のツイッターに《この前仕事したメンズノンノの売れっ子モデルは目の前で遅刻した理由が昨晩、朝まで好きでもない2人の女とセックスしたせいだと言い訳?したが、さらにチ○ポがデカイからさあ、とふざけた奴のツイッターやインスタ見ると、いい人ぶったいいことしか書いてない》などと投稿しました。同ツイートは実名こそ伏せられていましたが、時期や『メンズノンノ』というヒントから、ネット上では『成田を指している』とあっという間に特定。女遊びにうつつを抜かし、脇役のくせに遅刻するという意識の低さが暴露されることとなりました」(芸能記者)

どうやら酒のみならず、女関係にもだらしない様子の成田。遅刻からは仕事への意識が低いこともうかがえるが、どうやらそもそもの礼儀やマナーがなっていないようで…。

「成田は俳優の千葉雄大と親しいのですが、2019年12月の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)では、一方で千葉に苦手意識を持っていることも明らかに。成田は5歳上の千葉を呼び捨てにしているのですが、『お前さぁとか(千葉に)言ってると、そういう話し方やめたほうがいいよって』『今の本当やめたほうがいいよ』などと千葉から注意を受けたことを明かしました。出演者からは『呼ぶなよ! 千葉さんって言いなよ先輩なんだから』とツッコまれましたが、成田は『ふざけて言ってるのに真剣に怒ってくるから』とさっぱりでした」(芸能記者)

あらゆる面で態度が悪いと有名だが、オファー自体はひっきりなしの成田。それだけ演技力に魅力があるのか…?

【あわせて読みたい】