『Snow Man』問題行動でお蔵入り! 反省文の公表に波紋広がる

『Snow Man』問題行動でお蔵入り! 反省文の公表に波紋広がる 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

先月末、『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)の次回予告動画がYouTubeからひっそりと削除され、一部ネット上で物議を醸した。そして1カ月ほど経った5月下旬、この件の当事者が自ら口を開き、時間差でSNSの話題を集めている。

騒動の犯人は、同番組にレギュラー出演する『Snow Man』の目黒蓮。目黒は5月3日に放送された、あばれる君の山開拓企画に登場し、4月26日配信の次回予告動画にも顔を出していた。この動画にて、目黒は同じくレギュラーであるメンバー・向井康二にカンチョーをするという悪ノリを披露。工事用の手押し車を押し、無防備だった向井は、尻を抑えて絶叫するリアクションを見せたのだった。

しかし、この行動がファン同士の内ゲバを招いてしまう。これを見た向井のファンは、

《あれは危ないことだからね、スキンシップでは済ませられないことにもなりかねないってことわかってほしい》
《カンチョーは本当に危ないからやめて欲しいんだよね。子どもが真似するかもしれないしさ》
《物を運んでる時にカンチョーは危ないなって普通に考えて思った》

など、その悪ノリに大激怒。中には公式へ苦情を送る動きも見られ、これを受けてか、ほどなくして動画は削除されたのだった。

ブログで言及して時間差の再炎上に…

番組側は事態を重く見たのか、当該シーンは本編からもカットされる〝お蔵入り〟に。これに対し、ファンは

《冒険少年の動画は削除されてる。一般視聴者からも苦情殺到したんやろな》
《本編見たら無いから、あれ? って思ってたんだけど、相当な苦情が来ちゃってたんだね…》
《冒険少年のカンチョーを地上波で見たかった、残念、悲しい、不服、削除理由を番組に問い合わせたとか、裏ではやり合って欲しいとか、ツイートしてるヤバいファンが想像以上に多い》
《これで気づくといいね。カンチョーは需要ないどころか批判されてるって》

など、さまざまな声をあげた。そして、なぜ1カ月もして話題が再燃したかというと、目黒が5月24日に、有料会員サイトのブログでこの件に言及したため。「カンチョー」という単語も用いて反省や感謝を綴ったため、ファンの間で話題となったのだった。

「彼らが素行の悪い集団なのは、ファンが一番よく知っていること。以前も、冠番組の配信でマネキンのスカートを覗く悪ノリをし『セクハラ』『立派な性犯罪』と炎上しました。また、最年少のラウールをはじめ、他グループやファン、業界全体への失礼にあたるような〝失言〟が多いことも知られており、こちらはファンですら擁護できないとの声も多いほど。他にも、未成年とのラブホテル飲酒やファンへの暴行で謹慎したり、本命がいるにもかかわらず人の彼女を『襲うまがいのことしちゃった』と、レイプ未遂を懺悔したLINEが流出したり、ここまで短期間に問題を起こすのは彼らか『NEWS』くらいです」(ジャニーズライター)

なお、当該ブログ内には「悪意のある苦情は受け付けないけど」との一文も。あまり反省しているようには見えないが、悪意ではなく慈悲心から更生を促す真摯なご指摘は、受け止めてもらえるのだろうか?

【あわせて読みたい】