本田翼の“モンスタークライアント”ぶりが明らかに! ゲーム開発者に同情の声

本田翼 

(C)まいじつ 

5月26日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、大のゲーム好きとして知られるモデルの本田翼がゲスト出演。自身がプロデュースしているゲームを紹介したのだが、ネット上では思わぬ反響が飛び出すことに。

本田は自身が製作総指揮を務め、開発までに2年半ほど費やしたというゲーム『にょろっこ』の魅力や舞台裏を語っていく。実際に番組では、彼女がスタッフと打ち合わせをしている風景のVTRも公開された。

その中では、本田の強すぎるこだわりが明らかになる場面も。例えば1つのキャラを作るのに3カ月もかかることがあったそうで、金髪のカラフルメッシュが特徴的なキャラに対して、「リボンがピンクなので、赤のメッシュはやめましょう」と指示したり、ゴスロリメーク風のキャラに「ホラーっぽくして」と声をかける姿が映し出されていた。またゲームタイトルのロゴに関しても、〝ガタガタ感〟を出してほしいなどと細かく要望を出していた。

本田翼はこだわりが強すぎる? おののく視聴者たち

プロさながらに細かな指示を繰り出す本田だったが、どうやら視聴者の目には〝モンスタークライアント〟にしか見えなかったらしい。全体を通して曖昧な指示が目立っていたこともあり、ネット上では、

《とりあえず本田翼とは仕事したくないなと思った》
《本田翼さん『関わりたくないクライアントの特徴』爆盛りではしゃいでたので、開発スタッフさんお疲れ様ですって真顔になった。あれはヒドい》
《曖昧なのが技術者泣かせ過ぎて同情…。口でイメージだけ言われてもな》
《本田翼さんのゲーム作りはとても真似できない。注文受けてる側は相当ストレス抱えてたと思うな》
《一緒に物を作りたくないタイプだな。結局、本田翼がプロデュースってだけでどんだけクソゲーでも売れそうね》

などの批判が巻き起こっている。ちなみに同ゲームは天使が人間の魂を吸う〝鬼ごっこ〟をテーマにしているのだが、内容に対しても、

《本田翼さんのプロデュースする『にょろっこ』。ほぼ第五人格で草》
《正直ゲームは面白くなさそう》
《開発に2年。全く面白そうじゃないんだが?》

といった厳しい意見が続出している。

いくらゲームが好きとはいえ、開発に関しては所詮彼女もただの素人。専門外の分野に、気軽に手を出さない方がよかったのかもしれない。

【あわせて読みたい】