元夫の壮絶DVも関係? 佐伯日菜子の“遺書”に心配の声「何かのSOSなのか…」

元夫の壮絶DVも関係? 佐伯日菜子の“遺書”に心配の声「何かのSOSなのか…」

(C)fizkes / shutterstock

映画『毎日が夏休み』や『らせん』で知られる俳優の佐伯日菜子が5月25日、自身のツイッターを更新。突然〝遺言〟を投稿し、ファンをザワつかせている。

佐伯は、《こういう風に書いても有効なのかな? 正式に認められるのかな?》と書き出し、《もしも私が死んだら私の遺産は子供達とオカンとネコーズで分けてください。ネコーズが天寿を全うするまで超幸せに育ててください。ってそんなに無いな。遺産》とつづった。

佐伯は大の〝愛猫家〟として知られており、自身の死後も愛猫が安心して暮らせるように気を回したとみられる。しかし突然、遺産などと死をニオわせる発言をしたため、ファンからは

《どうしたんですか? マネージャーさんとか近くにいる人、気をつけてあげて!》
《何かのSOSなのかと勘ぐってしまう。元旦那の事もあるしねぇ…》
《生前に遺書を用意したいなら弁護士にでも相談するか公正証書にすればいいのに、SNSってヤバくないか? 近しい人は気をつけてくれ》
《もしかしてコロナ鬱とかですか? 冗談でもこういうツイートは止めてほしいです》

などと、心配の声があがっている。

元夫・奥大介の一件も関係している?

ファンから心配の声が殺到したため、佐伯はその後、ツイッターを更新し、《久々の偏頭痛に気弱になっておりましたが、私は大丈夫です 必要以上に心配してくださる方がいらっしゃるのでちょっとビックリでした。ごめんなさい》と謝罪している。

「佐伯は2002年に当時、Jリーグ横浜F・マリノスに在籍していたプロサッカー選手の奥大介と結婚、2人の娘を授かりました。しかし、05年ごろから離婚するまでの8年間にわたってDVを受け、13年に奥は脅迫容疑で逮捕されています。DVの内容はかなり壮絶で、『おまえなんか大した女優でもないくせに』などの暴言と共に、小学生の娘2人の前で暴行を受けたり、地方の畦道を歩いているとき、いきなり田んぼに突き落とされたこともありました。離婚後、奥は宮古島で事故死していますが、佐伯の中にトラウマが残っている可能性も否定できません」(スポーツ紙記者)

DVといえば、熊田曜子の夫が逮捕されたばかり。何か苦い記憶が蘇っていなければよいのだが…。

【画像】

fizkes / shutterstock

【あわせて読みたい】