坂口杏里どん底から一転!? 六本木の店で「ナンバーワン」に

ホストから現金3万円を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂容疑で逮捕され、不起訴処分となった坂口杏里が、8月4日にインスタグラムを更新し、勤務先のラウンジでナンバーワンになったことを明かした。

不起訴処分で釈放されたときに、ティアラを付けた自撮り画像を投稿して批判されたあとから、ラウンジ勤めをアピール。写真週刊誌『フライデー』にキャバクラ出勤&ホスト通い復活を報じられ、開き直ったかのように《お店ひんまー!! 誰でもいいから待ってるよ♡》、《出勤向かってます♡ 今日も楽しくお酒が飲めますように♡》といったコメントをSNSにし始め、勤務先の店もインターネット上で特定されてしまっている。

「杏里はセクシー女優の肩書もあり、ラウンジで指名獲得に勤しんでいるなか、専属契約しているAVメーカーから新しいタイトルも発売されています。でも杏里はSNSで全くそのことには触れていません。ラウンジのことばかり投稿をしています」(アダルト雑誌編集者)

セクシー女優がキャバクラ嬢を兼業するのは、特段珍しい話ではない。坂口が勤める東京の六本木地区には、セクシー女優専門のキャバクラがあるほどだ。

「杏里は二世タレントからの転身組で、ほかのセクシー女優よりも知名度は高く、AVデビュー作は話題になりました。しかし、2作目以降は売り上げが右肩下がりで、7月に出た新作は『DMMアダルト』でランキング上位どころか名前が載っていません」(同・編集者)

9月の新作もDMMアダルトの無料サンプル再生数は約2万4000回、お気に入り登録も100から150と肩書の割には寂しい数字だ。

坂口はそのことを気にしているか、ラウンジ勤務で連続ナンバーワンを獲得するためなのか、店名も晒して出勤アピールを続けている。坂口の迷走はしばらく止まりそうもない。

 

【画像】

ANRI(@anri6450) – instagram

KAORU / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

※ ジャニーズによる露骨な「香取潰し」がいよいよ開始

※ ももクロ・百田夏菜子が爆弾発言「彼氏のために…」ファン騒然

※ コード・ブルー出演「天才ピアニスト役」に問い合わせ殺到中

※ 斉藤由貴の会見にブチ切れた和田アキ子になぜか非難殺到

※ 結婚説浮上の山下智久と石原さとみが「一転破局」か