ヴィーガンもブチギレ!?『ZIP!』代替チーズ紹介も本末転倒「吹いたww」

(C)ilolab / Shutterstock 

5月27日の『ZIP!』(日本テレビ系)で放送された料理コーナーが、視聴者から猛烈なツッコミを浴びてしまった。

番組は7時18分から〝代替食品〟についての特集を放送。大豆ミートや刺身風のこんにゃくなど、昨今進化を遂げ注目を浴びるその世界に迫った。肉・魚の代替食品に迫ったところで、次に紹介されたのはチーズ。チーズといえば牛や羊の乳が原料だが、代替食品は動物性原料不使用、97%が植物で作られている。

袋から皿に開けた見た目は細切りチーズそのものだが、本場・イタリア出身の都内料理店シェフに試食してもらったところ、「チーズの強さがない」など香りやコクが再現されていないとコメント。メーカーへのインタビューでも、担当者は香りやコクの再現にはいたっていないと告白した。

ここで番組は、代替チーズを使った「家でもおいしく食べられる料理」をシェフに依頼。シェフは生クリームを温め、代替チーズを混ぜながら溶かしていった。

日本とイタリアの同盟がふたたび…!

しかし、味見をしたシェフは「うーん…」と首をひねり、チーズ独特の風味やコクのなさに困った様子。すると、ここでチーズの香り不足を補うため、少量のパルメザンチーズを加えてパスタを完成させたのだった。

実食したアナウンサーは「おいしい!」「チーズの風味がする!」と目を見開いたが、代替食品の料理で本物を加えるという本末転倒さに、視聴者からはツッコミが続出。ネット上には

《代替チーズはコクや風味がないからという理由でチーズ加えられてて吹き出したwww》
《風味が無いからパルメザン足したって 代替にすらなってない…》
《代替チーズを宣伝する特集で、生クリームとパルメザン使ってて草》
《代替チーズである意味なくね?》
《めっちゃ面白かった》
《結局アレルギーの人は食べれないやん》
《いや、代替チーズの存在意義よwww》
《代替チーズの話題が、近年稀に見るほのぼのさで良かったw》

などの声が上がり、ツイッターのトレンド入りも果たしたのだった。

ヴィーガンが美味しいチーズを食べられるのは、まだ先のことになりそうだ。

【画像】

ilolab / Shutterstock

【あわせて読みたい】