『ケンミンショー』に宮城県民が呆れ! 県民の“スゴ技”紹介も「うそ情報」

『ケンミンショー』に宮城県民が呆れ! 県民の“スゴ技”紹介も「うそ情報」 

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

5月27日放送の『秘密のケンミンSHOW極』(日本テレビ系)の内容を巡り、宮城県民を中心とした視聴者から反発が漏れている。

この日は各都道府県民の「スゴ技」を紹介。番組では「宮城県民は殻付きのホヤを簡単にむくことができる」と切り出し、宮城県は初めてホヤの養殖を手掛けた「ホヤの聖地」だと紹介した。

凹凸を持ち「海のパイナップル」とも呼ばれるホヤだが、仙台市内のクリスロード商店街で2013年8月に調査したところ、通りかかった壮年女性は包丁と指を巧みに使って見事にむいてみせた。女性は「殻付きのものしか買わない。皮付きの魚より簡単」と胸を張った。

宮城県民から苦情殺到!「話を盛って欲しくない」

続いて登場したスーツ姿の壮年男性や若い女性も見事に殻むきに成功。比較しようと東京在住の若い女性がホヤの殻むきに挑戦したところ、包丁を入れるなり液が飛び出し失敗してしまった。

VTRが終わると、宮城県出身の『Hey!Say!JUMP』八乙女光は「宮城県民全員ではないと思いますけど、(殻付きの)ホヤはスーパーで売ってるので、誰しもが切ってるところは見たことがあると思います」とフォロー。スタジオで八乙女は自ら、ホヤの殻むきを実演し周囲を驚かせた。

八乙女が言葉足らずな部分を補った形だが、冒頭の「宮城県民は殻付きのホヤを簡単にむくことができる」との表現に違和感を訴える視聴者は多かった。

《またケンミンショーで宮城県民うそ情報出したんか》
《ホヤを捌けるのは周りでは義母くらいです でもホヤは大好きです》
《宮城県民がみんなホヤ剥けるなんてことは無い。あんま話を盛って欲しくないよなー。まぁホントだと思う人が多いとも思えんが…》
《それは流石に主語大きすぎだろう》
《ホヤ好きなのは、いっても県民の6割程度だと思うわ》
《ケンミンショー 宮城県民全員ホヤ捌けるとか言ってたけど、正しくは沿岸部の人だと思うの》
《ホヤ捌けねぇワイってもしかして宮城県民じゃない? なんなら海鮮苦手なんだけど》

誇張表現もほどほどにした方がよさそうだ。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】