闇が深すぎ!? 中日ドラゴンズ2軍コーチ・門倉健の失踪に「どうか生きててくれ」

闇が深すぎ!? 中日ドラゴンズ2軍コーチ・門倉健の失踪に「どうか生きててくれ」 

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

元プロ野球選手で、『中日ドラゴンズ』の2軍投手コーチを務めていた門倉健。5月26日、彼が球団の発表により退団していることが明らかになった。しかも現在は消息不明らしく、野球ファンを騒然とさせている。

コトの発端は今月15日のこと。門倉は練習を無断欠席し、その後連絡が取れない状態になったという。翌16日には家族から捜索願が出されたものの、携帯も自宅に置いたままで行方は分からず。そして本人から郵送で〝退団届〟が送られてきたため、加藤宏幸球団代表がそれを受理したようだ。

「門倉は行方不明になる前々日、いつも通り自身のブログを更新していました。そこにはさまざまな写真と共に保護犬に関する内容がつづられており、文章からも幸せそうな雰囲気が伝わってきます。ちなみに門倉は、プロ野球指導者を務めながら動物愛護活動にも力を入れていることで有名。過去、とある番組で保護犬を預かる男性が紹介された際、顔出しはなかったものの、その男性が門倉だったことがファンにバレていました。そんな心優しい人の失踪となれば、球界関係者だけでなく野球ファンたちも気が気じゃないでしょう」(スポーツ誌ライター)

不信な退団をすんなり受理する『ドラゴンズ』…

突然の〝失踪報道〟は、あまりにも闇が深く、ネット上では、

《どうか生きててくれ》
《何があったんだろう。ただの無断欠勤じゃなく家族から捜索願が出されてるから行方不明ってことだよね。何かに巻き込まれたりとかじゃなきゃいいけど》
《プロ野球史上いちばんビックリのニュースなんですけど》
《家族も連絡が取れないっていうのが心配。門倉コーチは保護犬の活動もしていて今年虐待されていたワンちゃんを助けたニュースも見たのに。無事家族のもとに戻ってきてほしい》

などと心配する声が続出している。一方で今回の件について加藤代表は「無断で練習に来なかったことを球団として重く受け止めている」とコメントしていたが、あっさりと退団を受理する球団に対して、

《普通ではない欠席の仕方と退団届けの出し方と退団の受理で闇深い》
《さっさと退団発表って、冷たい球団だなぁ。家族に寄り添ってやれないのか》
《なんで球団は速攻クビにしたんや…》

などの厳しい意見もあがっていた。

真相は未だ闇の中であるものの、ファンの言う通り、彼の無事を祈るばかりだ。

【あわせて読みたい】