『レンアイ漫画家』吉岡里帆と内田理央の“身長差”に驚き「こんなに違うの」

『レンアイ漫画家』吉岡里帆と内田理央の“身長差”に驚き「こんなに違うの」 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

鈴木亮平が主演のドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)の第8話が、5月27日に放送された。ドラマ出演者の吉岡里帆と内田理央の〝身長差〟に驚く声があがっている。

同作は、漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家・刈部清一郎(鈴木)と、〝ダメ男ホイホイ〟と呼ばれるアラサー女子・久遠あいこ(吉岡)という恋に不器用な2人を描いたハートフルラブコメディー。あいこは刈部の指令を受けてターゲットの男性と恋愛して、その体験談をネタにして刈部が漫画を描いていく。

刈部は弟の純が亡くなったことから、純が男手一つで育てていた息子・レンを引き取って一緒に暮らしている。前回の第7話では、純の元妻・秋山美波(内田)が刈部の家に押しかけてきた。

吉岡里帆158cm、内田理央166cm

第8話でも、美波は引き続き登場。刈部に好意を抱くようになったあいこと敵対する立場となった。ここで視聴者が注目したのは、あいこと美波の身長差。パッと見でもあいこのほうが小さいことがすぐにわかるほど差があり、ネット上では

《内田理央こんなでかいんだ、あいことの身長差すごいね》
《だーりおと並んだ時に吉岡里帆意外とちっちゃくて調べちゃった》
《吉岡里帆ってこんなに小さかったのか》
《吉岡里帆 縮んだ?ってくらい急に小柄に見えるようになった》
《だーりおがデカいのか吉岡里帆が小さいのか…》

といった声があがっていた。

「それぞれの公式プロフィールを見ると、吉岡が158cm、内田が166cmとなかなかの差があることがわかります。また、主演の鈴木は186cmで、吉岡とは30cm弱もの差が。第8話の終盤では、ついに刈部とあいこのキスシーンがあったのですが、そこでは如実に2人の身長差があらわとなり、《あんま意識してこなかったけど、身長差に萌えたわー》とドラマファンを歓喜させていました」(芸能記者)

前評判は高くなかったものの、絶賛する視聴者が多い同作。今後の展開も楽しみだ。

【あわせて読みたい】