金銭トラブルに妻の奇行も? 中日コーチ・門倉健の“失踪”に残る疑問点

(C)TristanBM / Shutterstock 

元プロ野球選手で、『中日ドラゴンズ』の2軍投手コーチを務めていた門倉健が5月26日、退団したと発表。ここにきて退団直前の〝不可解な行動〟が明らかになり、ファンがザワついている。

門倉は15日からファームの練習を無断で休んでおり、球団や家族も一切連絡が取れない状態に。また、16日には家族から愛知県警に捜索願が出されている。

「失踪の原因は分かっていませんが、門倉から2軍のマネージャーに宛てた手紙には『5月15日をもって、一身上の都合により退団させていただきます』と記されており、家族が本人の筆跡であることを確認しています。加藤宏幸球団代表は、『14日までは普通に練習に参加していたし、それ以前に不審な言動も全くなかった』といいますが、チームもかなり困惑しているようで、熱心に指導を受けていた選手の中には動揺を隠せない者もいるようです」(スポーツ紙記者)