息子と母親がラブラブデート? 有名ホテルの珍プランが炎上「気持ち悪い」「怖い」

息子と母親がラブラブデート? 有名ホテルの珍プランが炎上「気持ち悪い」「怖い」

(C)Master1305 / shutterstock

総合リゾート運営会社の『星野リゾート』が、母と子どもの2人旅を応援する期間限定プラン『ママと息子の初めてのお泊まりデート~お月見編~』を発表。ネット上で賛否両論が飛び交っている。

同プランは『星野リゾート リゾナーレ熱海』が企画したもの。現在は削除されてしまったのだが、ホテルのウェブサイトでは《ホテル最上階にある『ソラノビーチBook&Cafe』の特別席でのお月見タイムや月のフォトフレーム作りなど、四季の中で月が最も映える秋ならではの体験を盛り込んだお泊まりデートです。息子がママをエスコートしたり、ママのためにターンダウンの演出を考えたりする経験を通して、相手を思いやる気持を育むこともできます》と説明。期間は9月19~23日、10月18~22日、11月17~21日を予定していたようだ。

同ホテルは『博報堂子育て家族研究所』の『ママのストレスとトキメキ』調査を元に、「キュン!と心躍るようなトキメキが必要と思っているママの割合は約9割に上る」、「その対象として〝子ども〟が約8割を占めている」と説明。〝ママのために頑張る息子にキュン!〟しながら2人キリのお月見タイムを堪能しようと、PRしている。

「博報堂の調査ではトキメキを感じる対象として息子が1位(44.4%)となっていますが、実は娘も2位(39.7%)にランクインしています。にもかかわらず、ホテルのプランは息子ばかりを強調。特典としてお揃いのパジャマや息子用のタキシードレンタルまで用意する徹底ぶりをみせていました。さらには〝エスコート〟、〝素敵な夜〟などまるで恋人同士が楽しむかのような演出に、ネット上では賛否の声があがっています」(旅行ジャーナリスト)

実際にネット上では、

《最近、息子とべったりのママ多いよね。パパにはかわいそうだけど、こういう特別な日もあっていいと思う》
《旦那はどうでもいいけど、息子と2人ならこんな贅沢してみたい!》
《私も息子が保育園行ってる間、心配でしかたない。こういうプランがあるのもわかります》

などと、一定数の理解を示す声が寄せられている。

『星野リゾート』の“表現”に身震いするネット民

しかし一方で、息子をまるで恋人のように見立てるプラン内容に、

《アンケートの結果はリアルなのに、なぜこんな妄想プランと結びつけるのか意味が分からないし気持ち悪い…》
《星野リゾートの息子とデートプランの表現、もっとどうにかならなかったの? まるでホラーだよ》
《どうせなら子どもを預かってもらい、その間に旦那さんとキュンとするデートがしたい、っていうならまだ分かる》
《なにこのプラン…息子に彼氏的な役割なんて求めないんだけど。マザコンの子どもが出来上がりそうで怖い》

などと、嫌悪感をあらわにする人も続出している。

1992年に放送されたドラマ『ずっとあなたがすきだった』(TBS系)では、俳優の佐野史郎がマザコン男性を演じ、その役名から〝冬彦さん現象〟といわれる一大ブームが起こった。この頃から世間では〝マザコン男〟が忌み嫌われてきたが、まさか30年の時を経て、再び生み出されようとしているとは驚きだ。

お泊まりデートがきっかけで、ママにべったりの息子にならなければいいが…。

【画像】

Master1305 / shutterstock

【あわせて読みたい】