吉田沙保里の“深キョン”応援メッセージに批判「わざわざインスタに…」

吉田沙保里の“深キョン”応援メッセージに批判「わざわざインスタに…」 

(C)まいじつ

元レスリング選手で、現在は指導者の吉田沙保里が、5月26日に自身のインスタグラムを更新。芸能活動休止を発表した友人の深田恭子にエールを送ったのだが、「本当の友達じゃない」などと、バッシングが殺到している。

1996年に芸能界デビューを果たし、これまで数多くの作品に出演してきた深田。そんな彼女が、芸能活動を一時休止すると所属事務所『ホリプロ』から発表された。同事務所によると、深田は今月に入って医師から〝適応障害〟と診断されたとのこと。当面は治療に専念するそうだ。

かねてから深田と親交のあった吉田は、インスタグラムのストーリーに励ましのメッセージを投稿。深田のアカウントを引用し、愛犬の写真と共にシンガーソングライター・平井大の『Beautiful』をBGMに同曲の歌詞を一部抜粋してアップしていた。

励ましのメッセージはむしろ印象が悪い?

抜粋した歌詞は「海まで行こう どんなときも 守るからその笑顔を そばにいるよ どこにいても 支えたいその幸せを 強がっても涙見せない そんなキミのすべてを」というもの。サーフィンが趣味で海が好きな深田への思いを込めてチョイスしたのだろう。しかし、ネット上では、

《本人に直接言えばいいよ》
《わざわざインスタにあげる必要ないでしょ…》
《本当の友達で本当に心配してるなら、インスタになんかあげられないと思う》
《励ますなら本人に連絡取れば良い。わざわざ全世界に発信することではない》
《インスタで応援とか、本当の友達じゃないでしょ》
《この人に守ると言われると確かに物理的にめっちゃ守ってくれそうではあるが…》

などと、冷ややかな声が殺到している。

「吉田に対して批判的な声が多くあがっていますが、メッセージを寄せなければ、それはそれで批判的な声があがっていたでしょう。吉田と深田が親友なのは周知の事実なので、表向きに励ましのメッセージを投稿したのだと考えられます。以前、竹内結子さんが急逝した際に親友のイモトアヤコが無言を貫いていたところ、彼女のインスタグラムに竹内さんのファンが突撃するということがありました。こういった不毛な事態を防ぐために、あえて励ましのメッセージを投稿したのかもしれませんね」(芸能ライター)

励まし以外の意図はなかったはずなのに、なぜか批判されてしまった吉田。おそらくかなり深田のことを心配しているはずなので、変に横槍を入れず見守るべきだろう。なにはともあれ、深田にはしっかりと休息をとってもらいたい。

【あわせて読みたい】