『スッキリ』水卜麻美アナ“声優レベル”の実力披露「アニメ出てほしい!」

『スッキリ』水卜麻美アナ“声優レベル”の実力披露「アニメ出てほしい!」

(C)まいじつ 

日本テレビの水卜麻美アナウンサーが意外な才能を発揮し、視聴者からの期待と称賛を集めた。

きっかけは5月28日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)だった。同番組はスタジオ出演者と「天の声」のかけ合いコーナーが恒例で、金曜日は週替りで担当が変わる「天の声ゴールド」という制度を導入している。この日、かわいらしい女性の声が「おはようございまーす!」とスタジオに呼びかけると、出演者はその正体を予想していく。

メインMCの加藤浩次が「私お会いしたことありあすか?」と問いかけると、天の声は「そちらのスタジオでお会いしたことがあります!」と返答。これに対し、加藤が誰だか気付かない様子を見せると、天の声は「浩次、もう忘れたの?」とアニメキャラのようなセリフ調の語りかけも見せた。

その後、VTRが進んでも加藤は正体を見破れず。天の声はしびれを切らした様子で「浩次、まだ気付かないの?」と普段の声で質問。実は今回の天の声、声色をアフレコのように誇張した水卜アナが務めており、普段のトーンを聞いた加藤はようやくこれに気付くのだった。

上手すぎる声の演技に声優の期待高まる

正体に気付いた加藤は、「なんだよ! 声変えすぎじゃん!」と驚きをあらわに。水卜アナは「スッキリ」レギュラーで長年共演していたが、それでも気付かないほど巧みな声使いをしたのだった。この使い分けやアニメ調の甲高い声、抑揚のついた喋り方は、まるで声優そのもの。本家に比べても全く遜色のないレベルで、ネット上には

《ミトちゃんすげぇ!! 声優さんみたいに声違った!》
《めっちゃ声変かわいい! どっかのアニメ声優やってほしい》
《ミトちゃんだ。声かわいい。声優さんと思った》
《今日の天の声ゴールドはかわいらしい高音でスタジオ誰も分からずざわめいていたが…  声優さんかと思いきや、ナント! ミトちゃんでした》
《僕もわからなかった! 声優さんも出来そうですね》
《最初のとこしか聞いてなかったけど、すごいかわい声だなー声優さんかなーって思った》
《上手いから「なんだ声優さんかー」なんて流して観ていたら何とミトちゃん》

などと称賛が巻き起こった。

「現在の声優界は、実力度外視で売り出されたアイドル的存在が多い。水卜アナが本家より高い実力を誇っていても、なんら不思議はありません。そもそも、アナウンサーは『声』にまつわるプロなのですから、声優とフィールドは同じ。それでも、水卜アナが本当に声優挑戦しようものなら、声優オタクたちは『仕事を奪うな』『本業にやらせろ』『素人特有の棒読み』と発狂するのでしょうね。最近は声優があれだけバラエティーに出てタレント・芸人の仕事を奪っているのに…」(アニメ誌記者)

水卜アナには実際に声優に挑戦していただき、その実力で声優オタクを黙らせてほしいところだ。

【あわせて読みたい】