『Mステ』歌詞間違え連発! あいみょん&V6井ノ原のミスに「凄い回だな」

『Mステ』歌詞間違え連発! あいみょん&V6井ノ原のミスに「凄い回だな」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

生放送は編集できないからこそ、時には予想だにしない事態が生まれる。5月28日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では、男性アイドルグループ『V6』の井ノ原快彦とシンガーソングライターのあいみょんが、歌詞を間違えてしまうハプニングが発生。視聴者からはツッコミが殺到している。

この日の番組で「V6」は、ドラマ『特捜9』(テレビ朝日系)の主題歌にも起用された最新曲『僕らは まだ』を披露。それぞれにソロパートがある楽曲で、井ノ原以外のメンバーはそつなくパフォーマンスをこなした。

全員で歌うハモリのパートが終わると、井ノ原は岡田准一に何やら話しかける。口の動きを見る限り「歌詞なんだっけ?」と聞いているようだが、岡田は井ノ原のパートの歌詞を把握していなかった様子。本来ならば「夢と絶望の真ん中をフラつきながら真っ直ぐ歩いた」と歌わなければならないところ、井ノ原は満面の笑みを浮かべ前進しながら「…フラつきながら真っ直ぐ歩いた」と歌詞を飛ばしてしまうのだった。

明らかに歌詞が飛んでいただけなのだが、井ノ原ファンからは、《もしかしたら未完成を演出するために、歌詞忘れたのかなとも考えてる。未完成っていうワードが歌詞に入ってるから、今年初めてのMステで完成させたら面白くないっていうのが、イノッチの頭にあったのかな》などと、謎のフォローが寄せられていた。

あいみょんも? ハプニングが起こりすぎる伝説の回

今回の「Mステ」は波乱続き。あいみょんも、菅田将暉主演のドラマ主題歌に起用されている楽曲『愛を知るまでは』を披露した際に、歌詞を盛大に間違えていた。「無茶苦茶に走り続けた 身体を今休めて」と歌わなければならないところを、「無茶苦茶に〝抱きしめた〟身体を今休めて」と歌ってしまう。

そしてエンディングで井ノ原は、「あいみょん歌詞間違えたらしいじゃない、びっくりしたよ俺」とあいみょんの間違いに言及。あいみょんは「はじめて歌詞間違えました、Mステで」と謝罪した。

この日の「Mステ」に対して、ネット上では、

《V6井ノ原、歌詞忘れて歌えなかったし、あいみょんも歌詞間違えるし、凄い回だなある意味》
《あいみょん井ノ原くんとなだめあったんだね、かわいい…》
《イノッチが普通に歌詞飛んで岡田くんに「歌詞なんだっけ」って聞いたのに、岡田くんから「わかんない」って言われてニコニコで前進してるのかわいすぎた》
《あいみょんかわいかった! 歌詞間違えてたけどそれも含めて》
《あいみょんの歌詞間違いに突っ込むイノッチ。お前が言うな感www》
《井ノ原さん照れ隠しであいみょんいじってましたねw》
《あいみょんへの特大ブーメラン井ノ原くん》

などと、さまざまな反響が寄せられている。

余談だが、あいみょんはライブでたびたび歌詞を間違えるらしく、これを本人は「歌詞が家出する」と語っているそう。井ノ原もあいみょんも歌詞が家出しないように、きちんと言葉を引き止めてほしいものだ。

【あわせて読みたい】