ほしのあき8年ぶりメディア出演! 復帰は夫の“不甲斐なさ”が原因?

ほしのあき8年ぶりメディア出演! 復帰は夫の“不甲斐なさ”が原因? 

(C)まいじつ 

タレントのほしのあきが8年ぶりにメディアに登場し、ネット上で物議を醸している。

ほしのは『週刊プレイボーイ』の連載コラム『週刊プレイボーイ創刊55周年スぺシャルインタビュー 7日間の女神たちへ!!』に登場。自身のグラビアについて振り返った。

母になったことで価値観が変わったか?という質問に対して、《美しくいたいということは、自分がだらしなくなってはいけないということだと思ってます》《幸せの感じ方も、歳を重ねて大切にすることが変わってきました。グラビアの時は自分が一番大切でした。でも結婚して子供ができて、大切なものが変ってきましたね》などとコメントしていた。

「〝最年長グラビアアイドル〟として2000年代のグラビア界を席巻したほしのですが、12年にペニーオークションを使った詐欺事件への関与が疑われたのを機に、芸能活動を休止しています。この事件でほしのは、空気清浄機の写真とともに『お友達から教えてもらったワールドオークションってサイトでお買いものしてみたょ』『1080円で落札したの』などと書き込みをしています。そして、『よかったら見てみてね』と、サイトにファンを誘導し、30万円の報酬を受け取っていました。事件が明るみになるとブログで謝罪しましたが、炎上は収まらず、その後は長女が誕生したこともあり、育児に専念しています。同誌ではグラビアアイドル時代のことを懐かしそうに振り返っていました」(エンタメ誌記者)

ほしのあきの“メディア露出”は夫の稼ぎを補うため?

ほしのの久々の登場に、ネット上では

《きちんと謝罪した人がテレビに出られなくなったのに、ごまかした人がメディアに出るって、いまさら需要あるの?》
《今さら感ハンパないな。ノコノコ雑誌に出てなにがしたいの?》
《グラビアやっていた頃は年齢詐欺、他にも詐欺だらけ。旦那はあれだけ良い馬集まってくるのに未だG1未勝利。本当に残念な人だ》
《この人、ペニオク詐欺の主犯格だよね。騙された人は絶対に許さないと思う》

などと、非難する声があがっている。

「事実上、引退状態だったほしのですが、同じペニオク詐欺に関わっていた、タレントの熊田曜子や菜々緖らが活躍しているのを見て、内心穏やかじゃなかったでしょうね。つい最近まで、芸能界の友人のインスタグラムにちょくちょく登場し、自己アピールに余念がありませんでした。しかし、本人が思った以上に話題に上がることもなく、効果はイマイチだったようです。また、かつては期待の騎手だった夫の三浦皇成もG1は未勝利の96連敗中。昨年12月の2歳G1ホープフルステークスでは、三浦が騎乗する馬が、4角からまさかの逸走。『画面から馬が消えた』と歴史的大事件になりました。伸び悩む夫にほしのがいよいよ腰を上げたのかもしれません」(芸能記者)

まずは雑誌のインタビューで様子を見たほしの。しかし、ファンの反応を見る限り、グラビア時代との需要格差がクッキリ分かれてしまったようだ。

【あわせて読みたい】