常盤貴子の“イジメ撃退法”に賛否!「自分がイジメてる立場では?」

常盤貴子の“イジメ撃退法”に賛否!「自分がイジメてる立場では?」 

(C)まいじつ

俳優の常盤貴子が5月23日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。幼少期の〝イジメ撃退法〟を明かしたが、ネット上から賛否の声が寄せられている。

ゲスト出演した常盤はこの日、自らの小学生時代を振り返り「暗い子だった」と告白。タレントの中川翔子から「イジメられたりはなかったんですか?」と質問されると、「イジメはありました」とキッパリ。そして「自分の中での武勇伝がある」と、自身のイジメ撃退法について口を開いた。

「常盤の学校には、クラスメイトを1人ずつ順番にイジメていくイジメっ子の女子がいたそうです。常盤はイジメられた子数人に『今だけ耐えて。あとでちゃんとやってあげるから、今だけ我慢して』と励まし、いざ自分の番になったときに、『後ろ見てみな。みんな私の仲間だから』と啖呵をきったそう。立場が危うくなったイジメっ子はその日以来、イジメをしなくなったそうです。常盤は当時のことを振り返り『執念の人なんだよ』と鼻高々でしたが、よくよく考えてみると、自身はいじめの矢面に一切立っておらず、友達にガマンを強いてきただけともとれます。これには視聴者も納得がいかなかったようです」(テレビ誌ライター)

常盤貴子は幼い頃から役者の気質があった?

常盤のエピソードに、ネット上では

《なんかすごい武勇伝のように語ってるけど、自分は一切被害を受けてないじゃん。これは執念というよりもずる賢いだけでしょ》
《さすが俳優になる人は違うな。すべて自分が主役になる作戦か。えげつないわ》
《いや、友達にガマンを強いてないで、協力してイジメを止めさせろよ。あまりにもひどい》
《これ考え方によっては自分がイジメてる立場では?と思った。よくイジメられた思い出話する人いるけどなんかこの話は腑に落ちない》

などと、大ブーイングが巻き起こっている。

もっとも、幼少期に同じようなイジメを受けていたというファンからは《小学生としては立派すぎる処世術。感心した》《最終的にイジメっ子を退治したのだから結果オーライ》などと、擁護する声もがあがっているだけに、むやみに常盤のイジメ撃退法を批判するのは早計かもしれない。

いずれにしても、常盤は幼少期から〝役者肌〟だったようだ。

【あわせて読みたい】