矢部浩之の“クズ親”エピソードが笑えない「縁を切る」「妻の立場だと…」

矢部浩之の“クズ親”エピソードが笑えない「縁を切る」「妻の立場だと…」 

(C)まいじつ 

5月28日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に、お笑いコンビ『ナインティナイン』矢部浩之が出演。親との確執を明かしたところ、「笑えない」と視聴者をドン引きさせてしまった。

この日は、過去の回の未公開映像を放出。矢部は「実家が借金まみれやったんです」と切り出し、何度も親からお金を貸してくれとせがまれたと明かす。そしてあまりにもこのやり取りが続くため、矢部は「おかん、全部言ってくれ。これが最後」と言って、ついに大金を親に与えたようだ。

しかしその後も、また「お金貸してくれ」という連絡が来たため、矢部は「もう貸さへんと約束した」と拒否。すると電話口で父親から「だれがここまで育てたんや。勘当じゃ!」とキレられたという。

矢部も「二度と電話してくんな!」と言い返して電話を切ったそうだが、なんとそれから約1カ月後、夜中に両親が突然自宅を訪れて、父親が金を貸してくれと土下座をしてきたそうだ。矢部はやむを得ずこれを受け入れ、親には近くの高級ホテルに部屋を用意したのだが、次の日、ホテル代を払いに行くと、ルームサービスを頼んでいたことが発覚。矢部は「こいつら、反省してないな!」「フィレステーキやで」とツッコミを入れて笑い話にしていた。

千原ジュニアは1600万円を…

しかしネット上では、

《よくこんな親のもとで真面目に頑張って芸人になって成功したなと思う。普通なら病むよこんな親》
《自分の親なら縁を切る話し。笑えませんね》
《まったく笑えないし、腹が立つ。妻の立場からすると、はらわた煮え繰り返ってると思う》
《矢部さんだから笑って話しているけれど。正直、全く笑えない。引いた》
《借金の話は笑えない。特に親が子に金を借りる話は。しんどい話で、笑っても寂しい笑いになる》

など、笑えないとする声が多くあがっている。

「売れっ子になったお笑い芸人が、親からお金をせびられるエピソードはよく聞きます。『フットボールアワー』後藤輝基は母親からよくおねだりされているそうで、『これ買ったの』と金額と共に写真が送られてくることもあるそうです。『千原兄弟』の家では、20歳になったときに親から今まで子育てにかかった費用がすべて書かれたFAXが送られてきて、それを返済するルールがあったとか。千原ジュニアは、1600万円を返済したようですね」(芸能記者)

ミュージシャンや俳優でも、親との金銭トラブルはよく聞く。笑い話にできるだけ、お笑い芸人はまだ良いのかもしれない。

【あわせて読みたい】