LiSA『炎』大ヒットは本人の功績じゃない?「楽曲が刺さるんだなと思った」

LiSA『炎』大ヒットは本人の功績じゃない?「楽曲が刺さるんだなと思った」 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

5月30日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に、アニメ『鬼滅の刃』の主題歌『紅蓮華』や『炎』で一躍トップアーティストに上り詰めたアニソン歌手のLiSAが登場。彼女の魅力について語られる一幕があったが、視聴者の間では〝ある人物の功績〟に注目が集まっていたようだ。

今回の番組はLiSAをスタジオトークのゲストに迎え、『関ジャニ∞』の面々やプロの音楽家たちと大ヒットの裏側を分析することに。そこで彼女の卓越した低音や音域といったボーカル力に関する秘密が続々と明らかになっていく。

また彼女には独自の練習法や、独特な工夫が凝らされた〝歌唱メモ〟などがあるのだという。そして大ヒット曲『炎』の作詞作曲には作曲家の梶浦由記氏が携わっていることもトークの話題に上がり、梶浦氏から享受したアドバイスについて語られていった。

LiSAよりアニメより梶浦氏が重要だった!?

梶浦氏はLiSAへ〝地声〟と〝裏声〟の印象の違いに関するアドバイスをしていたようで、実際にスタジオではその歌い分けを披露するシーンも。すると梶浦氏の鋭い指摘に感銘を受ける視聴者が続出し、ネット上には、

《やっぱ私はLiSAさんの歌声じゃなくて、梶浦さんの作る楽曲が刺さるんだなと思った》
《誰がスゴいって、やっぱ梶浦由記なんだよな。この人こそがヒットメーカー》
《梶浦さんの功績が素晴らしいって話だよね》
《炎の『痛み』の表現の差が凄い! 一気に梶浦さんの世界になるね》
《Lisaちゃん、もっと梶浦さんのディレクションの話して…》

などと絶賛の声が相次いでいた。

「梶浦氏はアニメやゲーム業界では名の知れた作曲家。『機動戦士ガンダムSEED』や『魔法少女まどか☆マギカ』、他にも『ソードアート・オンライン』といった有名作品に携わっており、日本アニメ界の〝陰の功労者〟とも言える存在です。そんな梶浦氏がボーカルディレクションとして関わっていたのですから、『炎』のヒットも、むしろ当然のことだったのでしょう。現に『B’z』のギタリスト・松本孝弘が作曲と編曲を手掛けた新曲『Another Great Day!!』は、ファンからも不評を買っています」(音楽ライター)

世間ではボーカリストばかり持ち上げられる傾向にあるが、影の功労者たちにもっと光を当ててほしいものだ。

【あわせて読みたい】