『ONE PIECE』の名シーンそっくり? 菅田将暉『コントが始まる』に感動の声

『ONE PIECE』の名シーンそっくり? 菅田将暉『コントが始まる』に感動の声 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

5月29日、菅田将暉が主演のドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)第7話が放送。漫画『ONE PIECE』を彷彿とさせる展開が話題となっている。

同作は、売れないお笑いトリオ『マクベス』の春斗(菅田)、瞬太(神木隆之介)、潤平(仲野太賀)と、そのトリオを密かに応援している里穂子(有村架純)、里穂子の妹・つむぎ(古川琴音)という5人の群像劇。誰もが指さす『大敗』のド渦中にいる男女5人が煌めく未来(?)に向かって進んでいく…。

第7話では、マクベスの解散が決まったため、瞬太が自分の車を売りに出すことに。この車は、今までに何度も地方への仕事でお世話になった3人にとっての愛車。お金がないために、車中泊をするなど、マクベスの思い出がいっぱいつまっている。そのため、春斗は車が売られることを知って動揺。最後の地方の仕事では、車中泊をしようと提案した。

そして車を売りに出す日、瞬太に春斗と潤平が同行し、その最後を見ようとする。そして、本来業者がやるはずの洗車を自分たちでやると言い出し、3人は車を洗い始める。3人はそれぞれ車にまつわるエピソードを笑いながら話していったのだが、途中で急に春斗が涙目に。「ホント、今更なんだけどさ。ただの車じゃねえんだなと思って」「この車の中にさマクベスの歴史全部詰まってんだぞ。まぁ、こうやって別れる時まで気付いてやれなかったけど…。こいつ、4人目のマクベスだったんだなと思ってさ…」と胸中を明かす。すると他の2人もしんみりとなり、「何か生きてるみたいじゃない?」などと漏らすのだった。

『ONE PIECE』のメリー号との別れを彷彿

このシーンにネット上では

《車のくだりはワンピースのメリー号思い出した。もう…まじで泣ける…》
《ワンピースのメリー号とのお別れシーンなみに号泣のお別れ》
《なんかわからないけど ワンピースの メリー号思い出したじゃない、愛車が4人目のマクベス》
《突然ワンピースみたいなことを言い出す菅田》
《車のシーンで「こんなんワンピースのメリー号やん…」って思ってたら、Twitterに同じこと思ってる人たくさんいて草》

など、『ONE PIECE』で主人公のルフィたちが、海賊船のゴーイングメリー号と別れを告げるシーンそっくりだと話題になった。

30代前後の視聴者が多そうなドラマだけに、『ONE PIECE』世代が敏感に反応したようだ。

【あわせて読みたい】