『ラヴィット』うるさすぎる若手芸人が大不評「見てて不快」「朝番組は出禁」

『ラヴィット』うるさすぎる若手芸人が大不評「見てて不快」「朝番組は出禁」 

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

6月1日放送の『ラヴィット!』(TBS系)に、お笑いコンビ『インディアンス』の田渕章裕ときむがゲスト出演。若手芸人らしく朝の番組を盛り上げようと頑張っていたが、スベる姿が目立ってしまい、視聴者から批判が殺到することに。

この日、番組の冒頭からスタジオに登場した「インディアンス」。普段はロケでの出演が多い彼らだが、珍しくゲストとしてスタジオへ呼ばれたため、はじめの挨拶からハイテンションだった。そんな彼らに、司会の『麒麟』川島明から「関西ローカルかと思われる…」とツッコミが。

しかし「インディアンス」は変わらずのハイテンションで、ロケ芸人がスタジオに呼ばれたことへの感謝の気持ちを爆発させる。しかも川島がスタッフへ掛け合ってくれたために今回の出演が実現したようで、田渕は大きな声で「ありがとうございます!」と叫んだが、彼らのテンションとは裏腹にスタジオは静まり返っていた。

朝の番組向きではない『インディアンス』

その後も田渕はたびたびトークに割って入るなど、〝爪痕〟を残そうと必死な姿を見せる。例えば曜日レギュラーの若槻千夏が〝双子の猫〟を飼っていたというエピソードを披露した際に田渕は、「『フルハウス』のミシェルか!」と微妙なツッコミを繰り出していた。

再びスタジオは静まり返り、川島すらもお手上げ状態。視聴者も彼らの空回りを不快に感じたようで、ネット上には、

《インディアンス、ボケすぎで疲れるわ》
《インディアンスの眼鏡じゃない方がやたらうるさいし、下品だし見てて不快。朝のバラエティーなんだから、それに相応しい出方をして欲しい》
《普段から視聴率低迷のラヴィットなのに、朝の生放送のスタジオにインディアンスがいるって…。番組サイドは諦めたのか》
《インディアンス田渕、おもろいけどこの時間帯の視聴者には嫌われるやろな》
《インディアンスの田渕が必死すぎて見てられない。目も当てられない。面白くないので帰ってもらって大丈夫よ》
《インディアンスは朝の番組には出禁な》

などの厳しい声が続出していた。

また田渕は、同日より番組レギュラーとなった『日向坂46』高本彩花の〝食レポ〟も邪魔する始末。そんな田渕に川島は「田渕さん、今日で卒業なんで」とこぼす一幕もあった。今後、彼らが番組に呼ばれることはあるのだろうか。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】