小島瑠璃子をガン無視!? 内村光良の態度に「嫌ってる?」「かわいそう」

小島瑠璃子をガン無視!? 内村光良の態度に「嫌ってる?」「かわいそう」 

(C)まいじつ 

5月31日、『スカッとジャパン』(フジテレビ系)の特別企画『スカッとカラオケ! 日本の名曲VS最新曲SP』が放送された。歌う回数をめぐり、視聴者からは疑問の声があがっているようだ。

番組では、誰もが知っている名曲や最新曲、テーマごとに区切られた楽曲を、サビの一部歌詞が隠れされた状態で、間違えずに歌い上げられるかに挑戦。出演者には、歌うまジャニーズ『ジャニーズWEST』濱田崇裕、DAIGO、小島瑠璃子といった、同番組おなじみのメンツが揃った。

冒頭のカラオケは早押しによる自己申告で行われ、小島は伸びのある歌声を披露。さっそく存在感を見せつけることに成功すると、続いては最新&名作アニメソング特集というパートに移る。ここからはMCの『ウッチャンナンチャン』内村光良が歌い手を指名する方式なのだが、小島はなぜか全くと言っていいほど指されず。いつもは強烈な存在感を発揮する小島だが、珍しく日陰者となっていた。

ウッチャンがこじるりを嫌っている疑惑まで浮上

もはや小島はワイプで抜かれるばかり。お得意のオーバーリアクションを活かせる機会ではあったが、番組の趣旨を考えると置いてけぼり感は否めない。代わりに歌う機会が多く恵まれたのは、12歳とは思えない歌唱力で場を圧倒する歌姫・加藤礼愛。幼い子を優先するのは致し方ないかもしれないが、それにしても小島の出番が少ないことに、視聴者からは、

《こじるり全然来んなあ》
《こじるりウッチャンに嫌われてるの?》
《こじるり全然当てられなくない? かわいそうすぎる》
《内村さん小さい子ばっかり指名する。こじるりとかも指名してー!》
《こんな12歳の女の子が出て歌うんなら、こじるり要らんかったやろ》

などと同情が相次いだのだった。

これまでにも小島はたびたび出演しているため、次回以降もオファーは来るだろう。その時のリベンジに期待したい。

【あわせて読みたい】